ギロックのピアノ小品のきらめき
 24のショート・ピースからなる『叙情小曲集』、
3曲からなる『クラシック・カーニバル』、
ピアノ連弾作品を含めた13の小品を収めた『小品集』で構成されたCD。
アメリカの作曲家、
ウィリアム・L・ギロック(1917-1993)の小品の数々を、
渡米して、
作曲家に直接指導を受けた伊藤仁美(ピアノ)が弾いた一枚です。


 短い曲だと、
わずか20秒(『叙情小曲集』の中の「とんぼ」)。
長いものでも、
3分かからないんですね(『小品集』の中の「ワルツ・エチュード」)。
タイトルを眺めながら「さて、
どんな曲だろう」と聴いていくと、
物語の扉が開いてその入口に立っている妙味があって楽しかったです。


 幻想的な風情の「金魚」「蜃気楼」なんて曲も印象的だったけれど、
殊に気に入ったのは、
『叙情小曲集』の中の「セレナード」と、
『小品集』の中の「舟歌」「ポリネシアン・ノクターン」の三曲。
どれもゆったりとたゆたうような感じで、
どこかなつかしい風景の中に連れて行かれる音楽たちですね。
大林宣彦監督の映画『さびしんぼう』『時をかける少女』に通じる、
なつかしい味わい。
聴いていて、
とても心地よかったですね。


 ジャケット・カバーのイラストは、
永田 萌。

 録音は、
1992年6月6、
7日と7月25日。
W.L.ギロック・叙情小曲集 ピアノ:伊藤仁美

その他の感想

今月号はKindle版にも付録冊子が付いています。
ピュアスマイル購入者にお薦め
恐るべし、宮川ワールド!
映画より原作のほうがおもしろいかも
初期型より操作性向上。しかし質感は低下
ヒロの日記
遅すぎる!
製造年週が…
読んで本当に良かった。
充電しながらUSBストレージをメディアサーバーとして使える
価格の変動が激しい
ONEで使用
普通に読み物として秀逸
ずっと大切にしたい一冊
青色が美しい、東山魁夷
OLYMPUS M,ZUIKO ED40-150mmf4.0-5.6Rに装着しました
学校英語教育を深い次元で再考する
コクヨのエンディングノートへの対抗後発商品
丈夫で長く使えそう
満足すぎて余韻が凄いです
設計者解析の無敵のバイブル
往年のファンに取っては物足りない
形はいい
アレルギーがある子でも!
値段が安くても満足
迅速発送、価格に満足!
機能的にとても良いです
ヒビ割れ
パネル男
孤独は悪いものではないというメッセージ
戻る