シャドー81へのオマージュ
タイトルを見てピンと来た人もいると思うが、
往年の名作「シャドー81」へのオマージュだと思う。

もっとも似ているのは「ジャンボを戦闘機が追いかける」という場面だけで、
話は似ても似つかない。

今回は国連の矛盾を題材にしている。
現行憲法や自衛隊法の矛盾と同様に、

国連には「敵国条項」という矛盾がいまだに存在し、
わが国を不当に封じ込めている。

国連というのは、
これまではどちらかというと清廉なイメージで見られて来たが、
本作を読むと、
第二次大戦の戦勝国が世界を支配するための仕組みに過ぎないという事実が見えて来る。

同時に「もんじゅ」の中に保有しているプルトニウムが、
国民の掛け替えのない財産であることもよく分かる。

そういった現状を背景にしつつ、
主人公の舞島姉妹の活躍に思わず「頑張れ」と応援したくなる。

某経済評論家を彷彿させる愉快な総理大臣も、
けっこう好きである。

クライマックスの空中戦はお約束で素晴らしく、
最後に応援に駆けつけて来るパイロットのコールサインを聞いて思わず嬉しくなる。
チェイサー91 (祥伝社文庫)

その他の感想

あぁ^〜心がぴょんぴょんするんじゃぁ^〜
年配部屋にも似合うデザイン
庭の堆肥作りに使いました
アイロンを使って補修
満足の品質です
安心で便利
サイズにご注意。
チケット目的で買ったけど。。。
丈夫なもんだな!
車内で落ち着いた雰囲気です
自然な明るさです。
う~ん・・・なんだかなぁ
楽器クロスとしては最高
ほぼコンプ
中級者向けの良い本
なんなの。
風の精
SMAPは永遠のヒーロー
2E…(-。-; ?
人生最後の再チャレンジ
説明書がない
読むとアイデアが湧いてくる
小1の息子に
AMDでそこそこの性能のPCを安価に
価格が問題
袋状は便利
Best book on game design ever!
続?いや、いいよ、続かなくて(笑)
シンプルですが結構はまります!
最後の方の駆け足感とやっつけが酷いが間違いなく意欲作
戻る