「宿敵とは神からの贈り物」。。。
自分古い人間で1976年のF1ブームを覚えております。
大事故から甦った「不死鳥」ニッキイ・ラウダ氏vs「天才児」故・ジェイムズ・ハント氏。
最終戦が日本開催となり話題を呼んでいました。
それが映画化されるとは。




ストイックで求道者的なラウダ氏と、
自由奔放で派手なハント氏。
ライフスタイルが両極端なふたりが、
激しいレースと、
罵倒し合うような口論も経て、
しかし深い部分では互いを、
自己を高めるための貴重な競争相手として尊重しあっていく。
知られざるエピソードの数々。
実話ならではの説得力。
そして迎える“伝説の日本グランプリ”の結末。




ハートがアツくなる映画です。
当時のF1マシンの激走シーンはみどころです。
できれば大画面で音量上げてご覧いただきたいです。
監督の大御所ロン・ハワードはこの当時まだ「アメリカン・グラフィティ」の若手俳優。
この至高の対決に心揺さぶられた若者のひとりだったかもと思いました。


史実では、
ハント氏はその後サッと引退し、
しかも早逝したのです。
この映画、
その“人生最大の大敵”への想いを、
ラストでラウダ氏がしみじみと語るのです。
「宿敵とは神からの贈り物」。


胸がじーんと揺さぶられるような、
静かな感動を覚えました。
これはF1に文字通り命を賭けた若者たちの究極の冒険譚であり、
至高の戦いを演じる宿命だったふたりの真実に迫る、
崇高な人間ドラマです。
巨匠ロン・ハワード監督入魂の、
熱い、
アツい作品です。
星5つです。
0
ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]

その他の感想

1冊で3冊分ぐらいの内容がある素敵なバイブル
ハードボイルド風ギャグマンガ
つかみはOK
ちょっとしたお出かけにピッタリです
また買うと思う:-)
オフライン版FF11
夏祭りに向けて練習中
レンズが外れなかった
治療を受けている親戚に
(本機の問題点を追記)
腰が痛い…
車内に限らず使えます
ロボット業界
追突されたのをきっかけに取り付けました
展開が変わるごとに面白くなってきます
いまや希少価値のモニター
MacBook Pro 13インチ (2011 early)でも大丈夫です
インクの消耗が早すぎる
めちゃ綺麗です!
めちゃくちゃ可愛い(*^-^*)
(*’ω`*)b
文系学部生でも理解可能な内容で比較的高度な分析を
螢の魅力がよく出てます
初挑戦。
サクっと取り付けられる
Drawing the Human Head
敢えて浅めの商品を選びました
戦力になります
電子書籍版、絵画の画像収録が◎!
んー。私には使いにくかったかも。。
戻る