社会のこれまでの動きを眺め、方向性のヒントをつかめる本
社会の変遷を「働くこと」を中心に平易な言葉で振り返っていく。

学術書のような記述よりは、
経営団体、
労働組合、
政府などの
アクターがどういった状況でどう考え、
どんなストーリーを持って
動いたのかを描き出していくため、
基礎知識がなくとも読みやすい。


第五話では、
オバマ大統領の選挙戦、
公民権運動でも存在感を発揮し、

近年日本でも注目されているアメリカのコミュニティ・オーガナイジングを紹介する。


コミュニティ・オーガナイジングの父と言われるソウルアリンスキーの書籍以降、

コミュニティ・オーガナイジングについての日本の書籍がほとんど見当たらない中で、

最近の具体的な事例を提起し、
現代社会においてもコミュニティ・オーガナイジングが
ヒントになることがよくわかる一冊である。
「働くこと」を問い直す (岩波新書)

その他の感想

値段を考えると仕方のないことです。
食べた感想
美麗! 
iPhone7で使えません
ロケット
オリジナルメンバーが良かった…
WXR-1900DHP2の中継機として使っています
ふつうです
和食ってすばらしい
サイズ不明確!
業務用掃除機紙パック
簡単でいい感じです!
MacBook Proを外部モニタにつなぎました
素晴らしいクオリティの傑作コンセプト・アルバム
PS4での動作を確認
オリジナル取材記事が一本、面白かった
前作に比べて物足りない…
最近は・・・
お気に入りのニーハイになりました♪
使いやすいです/情報追記
見えない恐怖と不確かな現実
よく落ちた
ちょっと硬いです
これは腐りかけのバヤリースだ、美味い!
新品は気持ち良い!
嬉しい裏切りの出会い、幸先のいい年明けに(^^♪
「脳が冴える〜」とセットで読みました!
パール入り淡いピーチ
トッキュウオーがもっと楽しめる
なんてドラマチックな人生!
戻る