熱いハートと冷静なマインド
 元フリーターのバンドマンがわずか10万円で設立したレーベルが数年で年商2億円の会社に成長ーーギタリストである著者は、
自分のバンドのCDを出すときに「レーベル名」がある方がかっこいい、
という理由で「残響レコード」を作る(その後すぐ1千万円出してくれる「エンジェル」が現れるのだが)。
90年代の音楽バブル期ならいざ知らず、
レコード会社やCDショップが軒並み潰れているこの00年代においては正に奇跡的、
であろう。


 現役のバンドマンあるいはミュージシャンが会社を経営することは、
海外ではザ・ビートルズのAppleやハーブ・アルパートのA&M、
日本ではフォーライフなどが有名だろうが、
案外少ないような気がする。
(「元」はたくさんいるだろうが)。
恐らく、
現役だとついつい「どんぶり勘定」になって失敗するのが多いのではないだろうか。


 著者が目指したのは自分と同じように90年代のオルタナ/グランジ系に影響を受けた30代のロック好きに受ける音楽をリリースすること(ビジネス戦略として考えると自分の得意な領域に特化する)。
そしてレーベルのイメージを統一し、
「ブランド買い」をしてもらう。
そのためにはいくらいいバンドでもイメージに合わないものは契約しない。
発売までにプリプロを繰り返し、
入念に仕上げをする(丁寧な商品開発)。
無駄な経費はかけず少数精鋭で運営するが、
スタジオ建設やこれぞと思った時には投資を惜しまない。
理科系というだけあって合理的であり、
冷静である。
ミュージシャンが「ビジネス書を読むのはためになる」というのは意外であるが、
その方法論を聞くとなるほど勉強している。
音楽ビジネス革命‾残響レコードの挑戦‾

その他の感想

ソフビ人形エルサ良いです
値段よりも高級に見えます
のびやかな歌声で癒されますが今回は選曲がちょっと・・と思うものも。
化粧崩れなくてびっくり!
ちょっと味が濃い…
巨大
美味い美味い美味い
母が食べてみて
ひどいつくり
全天候型リゾートアルバム
公式ガイドにふさわしい素晴らしい内容
ユーモアは人生にひそむ天使の透かし
二回目の使用で崩壊
サイバーセキュリティにもっと目を向けて、と願ってやまない
パーフェクトです
大変安価で助かりました
軽くていい・・・けど
きせかえプレートにも使えた‼
安かろう悪かろうかな
カッコを取るか実用を取るか⁈
ブッチギリに楽しめる
芯としては非常に良いが
論文の「書き方」の解説が丁寧
オーラルケアに便利、持ち運びに重宝
こんな凄い連中がへき地医療を支えているのか!
最高に安心して読める一作
薄くて手軽な本
SSを東京湾アジングで使用
農家あるある!!
リベラリズムと保守主義
戻る