戦後責任への取り組みをさまざまな角度から語る
先の大戦における日本軍の犯罪は東京裁判において断罪された。
しかし、
それに含まれなかった犯罪、
あるいはその後明らかになった事実に関する補償問題の多くがいまだに解決をみていない。
たとえば、
中国、
朝鮮人のBC戦犯の問題、
中国人強制連行、
サハリン残留朝鮮人問題、
シベリア抑留朝鮮人問題、
従軍慰安婦問題、
などであり、
総称して「戦後責任」と呼ばれる。


本書は、
雑誌「世界」での連続討論を基に、
この分野で市民運動を長年にわたって展開されてきた3氏に「それでも日本人は『戦争』を選んだ」で著名な東大教授・加藤陽子氏が司会として加わった座談会の記録である。

日本政府は、
従来からサンフランシスコ平和条約、
日韓請求権協定、
日中共同声明などで補償問題は「解決済み」としてきた。
しかし、
中国、
韓国政府は、
当初こそ日本に同調していたが、
その後徐々に日本政府に何らの行動を求めるようになり、
21世紀になってさらに要求が強まっている。
この戦後責任が日中、
日韓の摩擦の原因のひとつになっている。
世界的な人権意識の高まりを考慮するなら、
いまやこの問題を避けては通れないところまできている。


私の知らなかった事実が多く語られている。
たとえば次のような事柄である。

・東京裁判には中国、
フィリピンは検事を出せたが、
他のアジア国家は旧宗主国が出たため彼らの国の捕虜の扱いに焦点が絞られた。
そのためアジア各国の民間人の戦争被害がほとんど扱われなかった。

・サンフランシスコ平和条約によれば中国人BC級戦犯は刑の執行から除かれるはずであったが、
実際は執行された。

・強制連行された4万人の中国人労務者の17%が死亡したが、
これは日本兵のシベリア抑留の死亡率10%の2倍近い。
いかに中国労働者に対して過酷な扱いがされたかがわかる。
花岡事件はその虐待に耐えかねての暴動であった。

・日本兵として戦って死亡、
負傷した中国人、
朝鮮人には補償も恩給も支給されていない。

・サンフランシスコ平和条約には国籍条項がない。
200万人の在日朝鮮人はこれまでの日本国籍が奪われて無国籍にされ、
帰化するか帰国するかを迫られたのである。
戦後責任 アジアのまなざしに応えて

その他の感想

柔らかく、取り回しが楽
ランニングにちょうどいい
驚きの嬉しい悲鳴!!
人生のコンパス(羅針盤)のような本です
黒い稲妻
バックショットがあればいいのに・・・・
良くも悪くも旧神話版とは大きく印象が変わった
マグカップ430
カーボンナノチューブは面白いと思いました
豊かさとはなんだろう?
縫製が雑すぎ!
すべての子どもたちに読んでほしい本です。
グット!
電球色だわw
大学新入生の入門書
とても不愉快でした。
エーモン E536 配線コード 黒・AV0.5sq-5m
2種類の日本語吹替え版収録
百人一首が身近になります
1週間に一度落ちます。
内容が簡単すぎてがっかりしました
貴重な講義録
ストーリーが。。。
厚みがあるのでよく水分を吸い上げます
ロックを解除しやすい
香りと見た目で癒されたい方に
古き良きアメリカの風景
基本満足です
よく折れる
使いましたが
戻る