「山口組解散建白書」に司忍組長は反論できるのか
いまの山口組は「カネ(上納金)集めだけが目的の犯罪者集団」だと著者は断じる。
放っておけば悪質な犯罪が増えるばかりだから、
組を解散して子分をカタギに戻すことが親分の責任だという。
「解説」の溝口敦が指摘する通り、
こんな「解散建白書」を公言できるのは著者ぐらいだろう。

一見暴論だが、
発展的解散論の主旨は本質的に正しいものと思える。
慢性的な不況と暴対法、
暴排条例でヤクザの経済活動(シノギ)はだれの目にも行きづまっている。
独占安定的なシノギは、
ご法度のシャブ売買くらいしか残されていないといった現状がある。
さらに業界の高齢化により、
ヤクザの上納金制度は国の年金制度よりも先に破たんする宿命にある。

司忍組長をはじめ執行部は、
構造改革を論じた大物OBの問いかけにどう答えるのか。

解散論の前提には、
著者が有言実行で自分の組を解散しカタギに復帰した実績がある。
その道のりはたしかに険しいものだが、
ヤクザでさえド肝を抜かれるような発想と行動は痛快でどこかユーモラスにも映る。
定例会で竹中正久に喧嘩を売ったり、
宅見勝を「飛田のバイオリン弾き」とけなしたり、
福田赳夫(首相)をタヌキ呼ばわりしてからかったり、
文中のエピソードは「人斬り次郎」の面目躍如たるものがある。

また、
菅谷政雄の絶縁について田岡一雄が明かした心情、
山本健一の四代目就任が遅れた理由など、
山口組史のあらたな見方も提示されていて興味深い。

巻末の「宝塚地蔵園・活用案募集」に名案が寄せられ、
著者の念願が成就することを切に願う。
むちゃもん 山口組・田岡一雄三代目に盃を返した元直参組長の回想録

その他の感想

成功と幸福の秘訣は「遊び」にあり
商品画像が不適切
Many happy returns 入れておいて欲しい
心地よい湿度管理です
大満足なホームベース
不調なのか大きな事件への予兆なのか判断にこまる
チェキをよく使うなら5個パックを。
狭いキッチンにはいいんですが・・・・
広い視野で書かれた格好のラテンアメリカ文学入門書
DENONらしい音だと思いました。
大きな心、より広く、深く。
女性でもOK
安い!丈夫で!破砕の出来る重さ!体力のある人に超お薦めします!
洋楽?テキナ、ナニカ。
大好き、ドラクエ
遮音性はかなり良し
クッキリ!!
日本語配列キーボードです。
リピート。
基本要素はクリア
唸る〜唸る〜唸りたい〜!
好きな色彩
安かったしいいです
ぜひキューブと一緒に
いいよ♪
新メンバーを迎え、卒業を控えた田村氏を含む編成のアンジュルム唯一のシングル。
取引先へのプレゼント
気持ちよく頂きました。
性能、取り扱いは良ですが、価格が高い!
女性がつかうにはかわいいと思います
戻る