シュールレアリスムが読みやすく……
シュールレアリスムの中心的存在、
アンドレ・ブルトンの代表作。

20年以上前に読んで、
「なんだかよくわからないけど凄い」と思ったことだけは覚えている。

今回、
古典新訳で読み返してみて、
まずわかりやすさに驚いた。

もちろん、
シュールレアリスム文学だから、
難解で詩的な表現も多い。

全体のプロットも、
つかみ所がないとも言える。

しかし、
大胆な訳と、
詳細な注釈で、
シュールレアリスムの世界観のようなものを
実感させてくれる。


  愛のどんな敵も、
愛が自らを讃える炉で溶解する
  
いいなあ……。
こういうフレーズを書きたいものだと思う。

まさに「詩」だ。

いずれにしても、
ブルトンの作品がこんなふうに手軽に読めるだけで感動である。
狂気の愛 (光文社古典新訳文庫)

その他の感想

もっと活用して もっとかなえたい!です
ベンジャミンが可愛い
体に良いと聞き 購入しました♪
win8.1のタブレット用に
ちょっと持ちづらい
よくあるシャンプー
驚きの音色
川柳で生き方再発見!
5GHz帯の使いどころがいまいち・・・
1枚売りだともっといい♪
馬は人類最善の奴隷、最良の友、最大の脇役
いや〜これは便利です!!!
祝日以外は問題なし
内容が薄く残念
戦争と人類
「こまった事があったら相談にのるよ」
(amazonで買うかは別として)梅酒には氷砂糖
童心を思い出すゲーム
思ったほど使えない
値段は合っていますか?
後の出費の方がデカイかな?
手にピッタリ
とてもよいできばえ
難しい~
値段相応。ただ、必要十分。
c言語は全くはじめてです。
本番と比べて明らかに簡単すぎる。
使い易い修正液!
袖口が
耳障りな音がする
戻る