期待するとガッカリすると思います
これまでの設定資料集通り各キャラクター4ページ使用。

1ページ:公式サイトで見れる立ち絵をドーンと
2ページ:表情集・キャラ紹介
3ページ:別の立ち絵・武器・四面図
4ページ:設定画・初期案・デザインコンセプト

四面図はページの3分の1程度の大きさに詰めているのでかなり小さく細部を確認することができません。

設定資料集というものは細かい所を目当てにしているわけで、
大事な部分をきちんと見れないというのはマイナスポイントではないでしょうか。

初期案のデザイン画も同じく小さく掲載されています。
こちらはこれまでの資料集でも小さ目だったので許容範囲内かと。

モブ武将(固有デザインのモブ含む)・エディット武将のデザイン画も数ページに渡り掲載されています。


ほか、
ステージ紹介・ギャラリー(販促広告の紹介)・絵コンテ集・相関図・キャラクターボイス集(戦闘中の賞賛台詞等)や、

クロニクル2と無双4で新規参戦した武将の史実での人物像説明(1ページで全員まとめて)ページ等があります。


三國無双7の資料集で無かったので何となく予想していましたが、
設定資料集の恒例だったキャストインタビュー・アンケートはありません。

キャストの方々が演じた上でどう思われたのか、
どのように思い演じたのかということが聞きたかったので残念に思います(特に新規参戦武将のキャストの方)。

スタッフインタビューは少しだけありますが、
プロデューサー・ディレクターに関してはこれまでの雑誌やネット上のインタビューで仰られていたこととほぼ同じことしか言っていません。

シナリオライターの方のお話はほんの少しだけ興味深かったのですが、
スタッフ全員併せて(PやD、
ライター・サウンドDなど)数ページしかないインタビューでは作品に対する想いが伝わってこなかったので何だかなぁと思いました。


10周年記念作品なのだからもっとしっかりした作りにしろ!とは言いませんが(本音では言いたいですけれども)、

これまでの設定資料集で出来ていたことができていないというのはいかがなものでしょうか。
戦国無双4 公式設定資料集

その他の感想

求めてた商品
金属っぽい響き
前書は好著だが、本書は二番煎じで、嫌みな自慢のオンパレード
一般人とスパイとの違い
ラテントロンボーン界の帝王の傑作の最新版!
あくまで車の内装の中を通すためのもの
雨の日に重宝しています。
ノリで手錠初購入w
あたたまります
非常に面白いと思います
しっかりした解説
軽くて暖かいカーディガン
この小ささで明るさ3モード、明るさが持続するのが素晴らしい
ただのネームバリューのオムニバス失敗しました
この容量は助かります
1塗りで白髪が隠せた
最低限の情報はあるが…
頑丈な作りに満足です
とても懐かしい。
効果を確かに感じる
暴力はなぜ減少してきたのか
優しい使い心地、良いですね。
DDR4-2666  CL=15-17-17-35 1.20V
こんな楽しい読み物を読まないなんて!
クラブマッチのラグは劇的に改善された。が、バグが多すぎる。
POLO ホワイトの長袖Tシャツ
時代とねた男
THE アニソン
この人、変人だけど、やっぱすごいわ。
腕時計パーフェクト入門のライト版なれどあなどれない
戻る