大澤さんのしゃべり(というか注釈)がくどい
仏教をわかりやすく解説しようとする熱意が大澤氏から伝わってくるが、
その説明の図式がキリスト教との対極に仏教を(無理やり)対地させるやり方で、
そのための理屈がその前に(延々と)続くのに閉口した。
前作『ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)』ほどの切れ味のある「問い」になっていない気がする。
紙幅の割に仮説自体が妥当と受け取れないところが多かった(過ぎたるは及ばざるが如し:校正のしすぎじゃないの?)。

それでも、
「如来」「菩薩」「二諦」「中観」「唯心」などをクリアカットに説明してくれるところは、
やはり橋爪、
大澤ペアだけがなせる技だと思う。
「仏教とは、
ゴーダマシッダールタが覚ったと信じること」という定義はさすがだった。

思った通り、
通読するのに時間がかかったが、
読後に手元には大きなものが残った。
我々現代日本人は果たして仏教のなにを知っているのか。
神格化した形式だけしか知らないのではないか。
このままだと我々はどこから来たのかいよいよわからなくなる。

この本を読んで、
自分自身を振り返って仏教を、
より深く知る必要があると強く感した。
ハイデガーのいうヨーロッパプラトニズムの猛威へ全面的に対抗する有力な解にもなるとも思ったからだ。
儒教はその解にはなりえない。
そのためには、
仏教側からの真摯で真面目な働きかけがさらに重要と思った。
立ち上がれ!仏教。
ゆかいな仏教

その他の感想

なかなか使い勝手が良いです
異星人が書いた未来への提言
いつまで売っているか?
自由人
ちょと重いけど・・・
少し固めのスポンジ
返品しました。参考までに。
硬筆検定1級の勉強用に。
何故、今まで無かったのだろうか?
PCX125に使用
総合的にベストバイでした
OLYPUSロゴ入りで、あるときに購入したい。
私たち一般人には知るよしもない裁判や裁判官にまつわる裏話的話題が満載であり、大変興味深く読ませてもらった
ロボットの入門用にお勧め
改めてニーマイヤーの独創性に感動します。
最高のバラード
いいんじゃないでしょうか。
CRYSIS+Mirror’s Edge+HAWKEN
本製品の売りが・・・
メールの自動受信と、自動車のハンズフリーが使えない
良作!想像以上★
まさに付箋プリンタ,ネームランドやテプラとは違う商品
仕事でいつも使っているので
バッハの入門書といっていいかも
タブレット入門書としては、よいです
ストップウオッチが大変便利です。
ビジネス書というよりは消費者向けか
ストレッチテープ
ピアノ伴奏の楽譜
臭いがきつくない
戻る