胎児診断の専門書です
 この本は英語の専門書です。

 胎児異常の病態・診断(画像中心)・治療・予後について比較的詳しくまとめられています。
この本は1000ページを超える洋書であり、
通読はよほどの熱意がないと困難でしょう。
辞書的に調べ物に使うのが一般的ではないでしょうか。

 私は周産期センターで働くものです。
胎児異常にであったとき、
過去に経験した異常や知識にある異常であればよいのですが、
エコーやMRIあるいは3D-CTでみられる画像が今までの経験や知識からでは判断できない場合に本書を紐解いて調べています。
Diagnostic Imaging of Fetal Anomalies

その他の感想

粘着の持続力ハンパない
間違いないですね!(^^)
青学、、強かった!
もう少し脇高だとよかった
TOYOTA 140系スペイド H24.7~
世界展開する企業トップの立場から表明する、日本への危機感
エロいww
モヤモヤ~
「クチコミ販促」についてが分かる教科書!
XXIO8より飛距離と安定性アップ
自分で率先して箱をつつき、挑戦しよう
ほうほう
2013年12月に購入、五ヶ月後
ネットを見る程度なら可
入門書のタイトル通り
工作に最適です
おもちゃぢゃないところ
初めて買う方へ
使用感サイコー
OFFが良い
簡単に設置できた
乗り換えではなく買い替えです
う~ん。評価が難しい(ーー;)
開くときにご注意
あきらめていた工具が復活
香りが良いと思う。
科学入門として最適の書
グローバルスタンダードのよき手本
ケースが役立たず
苛烈なタイトル
戻る