これはPenguin Books Ltd; New Ed版のレビューです
 1930年代後半のスペイン市民戦争の内情を、
自ら従軍したジョージ・オーウェルが綴った体験ルポです。

 物資も武器も満足にそろわぬ中、
泥まみれになりながら銃を握ったオーウェル。
半死半生の戦傷を負うほどの経験をする彼は、
銃後で勝手気ままな内戦分析を行なう新聞記者たちに対しては時に手厳しい批判を加えます。
そこに彼の気概を感じます。

 やがて政治的状況の変化によって追われる身となり、
必死の脱出行を図るオーウェル。
その展開はサスペンスフルで、
手に汗握る読書でした。


 スペイン内戦について情報を持たない読者は、
早い段階で197頁以降の「Apendix I」に当たったほうがよいかもしれません。
この内戦が実は「全体主義」対「民主主義」という単純な二項対立の図式では割り切れないものであることを、
オーウェルは内戦を内側から見た人間として深く冷静に分析します。
特に「民主主義」側とされる陣営内部がいかに分裂状態にあったかについて、
体験と実感をまじえながら簡明に説明していて、
POUM(マルクス主義統一労働者党)やPSUC(カタルーニャ社会主義統一労働者党)といった組織の性格について詳細な記述があります。
本書の早い段階でこれら主要な組織名は既に登場しているにもかかわらず、
読者によっては「Apendix I」にたどり着くまでその性格の違いが把握しきれない恨みがあるでしょう。


 実は私は本書を2週間近いバルセロナ旅行のさなかに読みました。
今からちょうど60年前にオーウェルが立っていたはずの市内の目抜き通りランブラスを、
私も時代の空気を呼吸する思いとともに歩きました。
オーウェルの妻が夫を待ちながら投宿していたHotel Continentalも、
その外観を興味深く眺めたものです。
かつての内戦の爪跡を即座に感じることはない今のバルセロナですが、
本書を読んだために一層の感慨をもって街を逍遥した旅となったのでした。
Homage to Catalonia

その他の感想

ジャージはOK。パンツは透ける?
こんなのが欲しかったです!
化学の視点で世界の歴史を理解する一冊
教会史の貴重な資料が抱負
良カード
世上に流布する軽薄な議論を叩き潰す名著
よかったー
靴擦れ&海にはむかない
お勧め!
ほんとに足がつらない!
暗い廊下が自動点灯
バイクのヘルメットに付けました。
うちのゴルハムはすんなり入りました
2モードは本当に必要か?
効果はあります。しかしリスクも……
pnpスーパークライアントなるソフトで使っています
歌声がきれい
”早期” 購入特典なし
目玉焼き専用パン
椅子および人を選びます
まぁ・・・ワクワクしない作品
全然育たない
子供たち大喜びです。
ヒップのトレーニング用に
ICTエンジニアへの一歩を踏み出すお供として最適な一冊
簡易連絡用途では最適機種だと思います。
緻密な塗装!
乾燥なのに、「生」みそ汁以上の美味しさ
早めに買ったがよかった
厳しい言葉も必要。
戻る