外国語をやるものにも有益な書
キーンさんがインタビューに答え、
自分の日本語修行だけでなく、
先生、
テキスト、
教え子だけでなく、
日本文学をはじめとする学問とのかかわりを語ったもの。
インタビュアーは,日本語教育学専攻の東京外大の河路さん。
河路さんがインタビュアーを引き受けるきっかけになったのは、
キーンさんが使っていた長沼直兄のテキストが、
長沼学校から東京外大に寄贈され、
それを整理していたことからだそうだ。
この長沼学校、
ぼくは1980年頃日本語教育学会の研究例会で発表をしたあと、
そこの浅野鶴子先生という方に案内され訪れ、
紀要までもらったことがある。
浅野先生にはとてもかわいがっていただいたが、
その後ご無沙汰しているうちにお亡くなりになった。
閑話休題。
キーンさんという人は好悪をはっきり言う人だ。
出会ったテキストでもよくないものはよくない、
先生でもこの人は立派だ、
この人はだめだ、
ということをはっきり言う。
テキストの中でとりわけキーンさんの日本語修得に大きな影響を与えたのが、
上で述べた長沼直兄がつくったテキストだった。
このテキストの特徴は、
日本文とともに最初から漢字が出てくることだ。
外国人の日本語教育ではまずローマ字で基礎を教えて、
ある段階になってから漢字が導入される。
こうすると、
会話力は伸びるが、
漢字を導入した段階で、
スローダウンしてしまうと言う。
これはおそらくキーンさんたち日本語が大好きで勉強熱心な学生を相手に使ったからこそ成功したのではないだろうか。
中国語の世界でも倉石武四郎さんなどは、
日本人が目に頼りすぎる、
ことばは音であると言ってローマ字による中国語テキストを編み、
日中学院などで使ったことがある。
のちに、
長谷川良一さんらが批判して、
今の漢字にピンインというかたちになった。
ぼくは日本人のように漢字を知っている人間には最初から漢字を導入するのが理にかなっていると思う。
もっとも、
キーンさんも最初会話はできなかった。
いや、
当時キーンさんが学んだアメリカの海軍日本語学校では、
会話よりも(会話は日系アメリカ人や日本からの帰国子女たちにできるものがいた)戦死した日本兵の残していった日記、
文書を読むことの方が大切だった。
だから、
だから、
そこで教えられた漢字も行書なのである。
今日楷書に慣れきった私たちには理解しがたいことだが、
昔の日本人は(今の中国人のように)行書を書くのが基本だった。
耳だけで日本語を覚えた日系アメリカ
ドナルド・キーン わたしの日本語修行

その他の感想

安くて十分な明るさです。
ちょっと???
概ね良いです
スーパーディオZXに付けました
筆ぺんとしては十分
充電できない時があります。
アイロンは消耗品
日本の教育を受けた親の必携本
できれば劇場版も並行でみてほしい
思いのままの靴
だめだ
CDに例文が付いていないことのアドヴァンテージ
海水浴にいくため購入
じっくり読み、味わう「京」の歴史
信念を貫く
大学受験後TOEICを初受験する準備をしたり、とりあえず受けてみたもののリスニングが壊滅した人によい
飛びが違う!
指なし5本指ソックス ヨガ用
待望の復刊
わかりやすい説明です
びっくりするほど汚れが落ちました
すばらしい釣竿です!
ポータブルブルーレイドライブに使いました。
ガスタービンのバイブルが身近になった。
便利ですが、長時間の使用に注意しましょう
これって、本当にBaldacciの小説?
日本語入力システムとしては最善解です
注意!総集編です
変換
電源ノイズが酷い
戻る