「くふう」って親にも必要な知恵かも
「くふう」という言葉にひかれて買いました。
この本を見ていると「くふうができる」ということは「○○がなくても大丈夫!」っていうことなのかな、
と思います。
あって当たり前になっているものがなくなるのはとっても不安ですよね。
でも、
この本には、
なくてもなんとかなるという知恵、
災害時に役立つ工夫もいろいろ紹介されているので、
子どもにはもちろん、
まず親として知っていてよかったという安心感を感じました。
とりあえず年長の息子は、
ふろしきや紙の遊びに夢中ですが(汗)意外にも小学校高学年の兄が自分で一生懸命読んでいたので、
下の子にもゆっくりすりこんでいきたいと思います(笑)。
くふうの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)

その他の感想

大きさが携帯に便利
使いやすいナプキンです
体系立ててしっかり勉強したい人におすすめです
サクセス・ストーリー
問いかけるって
万人向けではありません。
CDマキシ・シングル用
従来のフリスクよりも強めの薄荷
エコなオモチャ
補修
猫トイレに使用
温素
やっぱり最高!!
最悪の出品者
「巨大津波は予測されていたのか?」という疑問を解明した唯一の書
いいちゃう
わかりやすく、読みやすい訳です。
アンチョビの味がきいています
全然ダメでした(私の場合)
ローラー部分の安っぽさがかなり目立つ。
1枚当たりの値段を考えると。。。
使う前に「辺」を面取りをする必要があります。
安価で6口の高コスパ
完全に実践向けバイブルとなり得ます
手頃でなかなかいいです
高さがちょうどいい
大型スクーターにおすすめ
立ち止まれば寒い
油っぽさが改善される
すぐに読みきれる教科書
戻る