19世紀フランス文学の最高傑作
19世紀フランス文学の最高傑作は?と聞かれたら、
「感情教育」と「赤と黒」を挙げます。

感情教育のストーリーは、
アルヌー夫人という人妻への恋慕が話の筋になっているのですが、

主人公がパリの街で学び、
遊び、
友人たちと政治について議論する場面などから、
二月革命前の社会状況を、
ありありと彷彿させます。

パリの社交人達との乱痴気騒ぎ、
高級娼婦ロザネットとの恋愛などは、
放蕩と頽廃が伝わってきて、
フランス文学の特徴を顕わにしています。


また、
当時は、
政治的な主張を表すためには、
新聞社を作り、
自分の言論を世に問うというジャーナリズムの黎明期であったことなども作品から伝わってきます。

アルヌー夫人へのプラトニックな恋愛とロザネットとの肉感的な恋愛を縦軸に、
二月革命前の社会状況と革命が進行する中での生活を横軸に、
ストーリーは展開していきます。


19世紀には、
バルザックやユゴーゾラといった作家もいるのですが、
社会状況を的確に描きながら、
個人の人生を描き切った作品として、
本書をお勧めします。
感情教育〈下〉 (岩波文庫)

その他の感想

台詞がものすごく濃厚でした。
ゲームの出来はともかく
ちょっと残念。。。かな。
おまけの映像が残念
ヘッドホンというよりはファッション
コレはお勧めできます。
対応が最悪
心おだやかに
マップは見やすくて良かったけれど…
片手でも取り出しやすい!
これ1台だけでは微妙・・・
刃物は手入れ・研ぎができて、初めて「よさ」がわかる。
なんとか貼れました!
ポンポン作りに
2015年春~夏の思い出
高齢の祖母にプレゼント
教科書通りに動くのが好きなら
トレッキングに
大学への数学
行方不明にならない!
テイラー
とおちゃん
読んだら勝てる
in arms って、とても意味深…かも。
型月裏話&ドタバタギャグ
ネット買い物の盲点。。。
気軽に読めるのは良いが、説明不足感はある
硬い物でもするする~!
やはり価格は高すぎると思う。
思ったより目立ちます!
戻る