いつもの雰囲気
一時間かからずに読める手軽さなのに、
メッセージが詰まってるぶたぶたさんシリーズ。

今回は「カフェこむぎ」にまつわるスピンオフと新作の短編集です。

喫茶店でコーヒー飲みながら読みたいな。

何よりも美味しそうな料理が大盛りで、
夜中に読んではいけません。


一作目はものすごく素敵なリアクションをされる方が主人公で「ぶたぶたさん」を知っている読者としてはニヤニヤしちゃう優越感を感じました。

その他の作品と言うか、
最近はぶたぶたさんに初めて逢った方々の反応が似た感じになっている気がします。

異質だけど取りあえず受け止めるに努める人が増えた時代背景なのかもしれないけど、
パンチが少なくなったような。

何をやっていても目じりが下がっちゃうくらいに可愛いんで受け入れてしまうの分かるんですけどね。


ぶたぶたさんと絶対にぶたぶたさんの存在を認めない頑固お年寄りとか見たいな。
ぶたぶたのおかわり! (光文社文庫)

その他の感想

使い易くてOODG!
高いおもちゃ
2〜3を一気にプレイ
普通すぎる普通です
とってもキュート
引き出しの深いのが欲しいです。
読んだときは
もう少し解析結果が出てから書かれるともっとうれしかったが…。
マンション
自宅でのラテアート用に最適
アンプをもっと知りたくなる
市販弁当2つ分
暑いくらい
警察の直面する「危機」が一望できる良書
優れた商品。
コンパクトでいいですが・・・
基本的な定番構成を知る
筆箱について
白はアンダーウェア必須
全てを好転させるシンプルな考え方
自分の足のようになじみます
写真とは色が違います〜
日常生活におけるマインドフルネスの実践の手引き。
楽しいです(*^^*)
補修できました
大変すばらしい
湯シャン用に・・・
普通の爪の人にはおすすめ
便利は便利。
まーのはは
戻る