黒い救世主
もう2014年もこのまま終わるかというところで突如発表された、
ソウル・ミュージシャンD’ Angeloによるサード・アルバム。

「20世紀におけるブラック・ミュージックの終着点」と評されたネオ・ソウルの歴史的名盤”Voodoo”をリリースした後、
大衆から求められた「セクシーでマッチョなR&Bシンガー」というアイドル像と自身の思いとのギャップに苦しんでほとんどノイローゼのような状態になってしまい、
10年近くもの間ほとんど人前に姿を現さなかったのですが、
ファーガソンでの黒人青年射殺事件を機とする社会不安がアメリカ全土を包んだこの2014年、
最高のタイミングで帰ってきました。


まず最初の3曲が今までのD’ Angeloからは考えられないほどアグレッシブなエレキ・ギターを用いたP Funk風トラックだったことに驚き。
このあたりはやはりアメリカで立て続けに起こった暴動を意識しているのでしょうか。
はっきりとしたメロディがなく、
歌詞もどこか抽象的ですが、
よけいに音そのものの力強さが際立っています。


しかしその反動で、
アルバムは”Voodoo”のタイトで禁欲主義的なサウンドを取り戻していきます。
細く繊細なファルセットと、
極限まで無駄な音をそぎ落とされたサイケデリア、
そしてQuestloveとPino Palladinoらお馴染みのリズム隊による即興的で濃厚なグルーヴはいまだ健在です。
(特にファンキーなリードシングル#4”Sugah Daddy”など)

”Voodoo”と違うのは、
よりジャジーな要素や、
(”Brown Sugar”ほどでは無いにせよ)よりポップな要素も同時に共存していること。
特に#5”Really Love”のクラシカルなアコギや、
#9”Betray My Heart”の畳み掛けるようなホーンやパーカッションではそのことを強く感じました。


でもその「ポップな」曲もよくよく聞くとどこか少し変。
のんびりとした口笛とファットなグルーヴが見事な#10”The
Black Messiah

その他の感想

いろいろな利用ができる地図帳
文章上手は「生き方上手」に比例する
一人の男の成長記録
かなり科学的に突っ込んだ内容です。
すまらしぃ…でも、☆4
耐久性は大丈夫かなぁ?
家族みんなで使っています
スパイクブーツ
初心者には相応!
グッドモーニング
旅先でも気持ちよく剃れる
部活で買いました
削れない人、これを見て!
よかった!!^ ^
今まで、このような本が書かれなかったことが不思議だ
キャスターの動きが非常に悪い
やっぱりマライアは別格
物は大事に使いましょう。
また、違う味わい。
残念ながら傷がありました。
音量が大きく調節可能でタイマーが2つセットできる優秀機
100個入でこの価格満足です
造形◎、塗装○
ともあれ20世紀はニーチェの時代であった
車(マツダ・アクセラ)で使用
初めて呑む八海山のにごり酒〜
程よくおしゃれです
思っていたより分厚いです
耳穴が小さいのでMサイズ
キック、空手にはあると良いです
戻る