シンプルに、音楽を愛する人へ
先日、
新メンバー3名加入という衝撃的なニュースが入ったばかりのくるり。

このタイミングでの発売である。
今作はこれまでの活動に一区切りをつけるためのものと考えていいでしょう。

前ベスト『TOWER OF MUSIC LOVER』の発売から既に5年経過しており、
間隔的にも丁度いい言えます。


収録曲は『ワルツを踊れ』以降のシングルを中心にアルバム収録曲『恋人の時計』や映画に提供された『キャメル』、
『奇跡』に加え未発表の『最終列車』や民謡のカバーである『鹿児島おはら節』を含む全14曲。

前ベストと重複する曲は1つもありません。


さて、
「『ワルツを踊れ』以降、
くるりは変わってしまった」という声をよく聞きます。

具体的には、
性急なリズムの曲、
ハードな曲、
冒険的な曲をあまり作らなくなったといったところです。

これは5作目である『NIKKI』には既にその兆候があったことで、

端的に言うと、
肩の力を抜いて書いたように聞こえる曲が増えたということでしょう。
ベスト オブ くるり/TOWER OF MUSIC LOVER2

その他の感想

まだ落としてないので。。。
フルコンプ
じっくり丁寧に理解できそうです
内容が濃いんだけど。。
デザインが気に入ったから…。
生の声の迫力。。。
違和感あり
思った以上に良いかったです
。"i want to be broadly right rather than precisely wrong
車のちょっとしたアクセントに
今回も色々なハプニングが?
傑作ジグヘッド
安室ちゃんの歴史
だんごに良いよ。
貼りやすい!
想像通り満足です。
顔の造詣は難しいか
写りは良くもなく悪くもなく
ちゃんと空気入りました
白ではなく灰色です。
ある程度の希望がある人向き
しゅう
単なる事例分析
本物を演じるにはこれ!
やさしく飛ばせる
ネジが緩い
BluetoothマウスM555bの為に買いました
企業の研究開発に新たな方向づけを与える。
ちょっと難アリ
自称「健康マニア」には読んでほしい1冊☆
戻る