「神は数学者なのか?」
 本書の原題は、
“The Golden Ratio: The Story of PHI, the World’s Most Astonishing Number”。


 その昔、
幾何学の創始者たるユークリッドが、
今日では「黄金比φ」と専ら呼ばれる
「外中比」に対して以下の定義を与えた。
すなわち、


 線分全体と長い切片との比が、
長い切片と短い切片との比になる場合、
線分は外中比に
 切り分けられたという。


「ユークリッドが純粋に幾何学的な目的で定義した、
なんでもないような線分割が、
植物の
葉の付き方から、
1000億もの恒星を含む銀河の構造に至るまで、
また数学から芸術まで、

さまざまなものに影響しているなどとだれが想像できただろう?……φが自然界や人工物に
出現することはさまざまな文献で挙がっているが、
全部事実なのか、
それともなかには
単なる誤解やいかれた解釈もあるのだろうか? そうした状況でφが現れることは、

(事実なら)きちんと説明できるのか? ……数学には美的な要素があるのか? もし
そうなら、
その要素の本質は何なのか? ……何が数学にこれほどの威力と普遍性を
与えているのだろう。
数学や、
黄金比のような定数が、
宇宙の根本理論から株式市場に
至る幅広いテーマでそこまで重要な役割を果たしているのか、
なぜなのか?」

 まずは何よりも黄金比や数学の持つセンスオブワンダーに驚嘆させられる一冊。

例えば、
「黄金比には、
1を足すだけで二乗が得られ、
1を引くだけで逆数が得られると
いう特異な性質があ」ったり、
「フィボナッチ数列を先に進むにつれ、
連続するふたつの
フィボナッチ数[訳注:フィボナッチ数列の項]の比は、
振動(大小の値を交互にとる
黄金比はすべてを美しくするか?―最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語  (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

その他の感想

典型的な日本メーカーの製品です。
どうにかして!!!
10mm用ですね
物語がつまらない。わかりにくい。解説ページだけで十分
昨年より進化してます
極楽とんぼが嬉しい
今、見てもかなりイケてる。
フィギュア塗装は素人には難しいが
キレイな色です(^^
生きている実感
優しく語りかけてきます
素晴らしい感動!
・ω・♭”<ぐれいと!
管理職の内示や辞令が出た貴男貴女にお勧め
もう少し神宮の写真が欲しいかな
芸術と人生の幸福な出会い
私は自分用に購入しましたが[プレゼント]用にも最適だと思います。
ドイツにおける地層処分の絶望的な現状のレポート
配達されるまで2週間以上かかるのが難点
ポラニー入門最適書。
良い点、欠点
イトケン名盤の1枚
よせ集めな感はありますが…
収納は良し、サイズはイマイチ
薄型で静かです
コストパフォーマンスの高い逸品
アラウの進化形です
まずまずですかね
PS3とnasneに分岐できました
肌つや
戻る