今年のIT機器の総括の特集号
「スマホ最新情報」は1ページ程の速報記事で最近発売されたスマホ&タブレットを4機種(AQUOS SH-M01, Asend Mate 7, GALAXY Tab 4, MeMO Pad 8 ME581C)簡単に紹介していました。

内容は本当に簡単なものです。

ところでAsend Mate 7の幅が2.9ミリと記述されていましたが間違いだと思います。


「ベスト・オブ・ベストバイ2014」は今年発売されたIT機器の総括ですね。
討論会でも触れていましたが、
今年は新しい可能性を感じさせる個性的な機器が多かったように思います。

その中で最優秀賞に輝いたのがリコーイメージングのTHETA m15なのは納得でした。

(スマホに出来ないことをやっていますね)
あと、
ウェアラブル部門はG Watch Rだったのも納得です。
個性的でカッコいいと思いました。


「『中の人』特捜部」は、
ペーパークラフト職人のOjimak氏を紹介していました。

航空自衛隊の公式ホームページで配信している自衛隊機のペーパークラフトを製作している人だそうです。

氏は、
実在する飛行機の実際の飛行機に近い立体構造で、
かつ実際に飛ぶペーパークラフトを製作しているのだそうです。

今回も「中の人」は面白い話題でした。


「スマホ対応最強てぶくろ12」はスマホのタッチパネルを操作できる手袋の記事なのですが、
写真と価格と簡単な説明と6製品のクロスレビューが掲載されている4ページ程の記事でカタログ程度の内容でした。

この記事では組み合わせて使えるグッズも紹介しているのですが、
紹介しているグッズの一つがタッチペンで、
紹介する理由が「分厚い手袋をはめていると、
太い指でターゲットがズレるのでタッチペンを使おう」という内容でした。

でもこれでは手袋をしている時は画面を指でタッチするのは止めましょうと同義で結局記事のテーマを否定しているのでは?

この号にもBCNランニング(スマホ販売ランニング)がありませんでした。
やはり編集方針が変わったのでしょうか?
週刊 アスキー 2014年 12/23号 [雑誌]

その他の感想

生地は最高でした
サイズも豊富で快適
美しくも恐ろしい狂気の世界
懐かしかったです。
大人向けの寓話として面白い。
色味の組み合わせがスゴくいい‼︎
キャップを無くした
良い商品ですが…。
あなたは、いったい何を書いているのか?
ふなっしー スマホスタンド
ポスター良き!!
安定して動いています。
CD焼付けは早くなりました
ひきこまれ、そしてハッとさせられます
介護事業を思い立った時に、最初に読むと良い本
長年使っているので使い勝手がいいです
良い意味でも悪い意味でも予想以上
古いタイプのテレビの方向け
金属製より便利かも
あわせ買いでないと購入できません(2500円以上)
しっかりしてよかったです!
面白くなってきました!
かわいいっ!
レディイース
カーセキュの種類を知らさないステッカー
持ってて損はない
付属のアックスは使い勝手がいい
よく纏まっている作品
ドルマンがかわいい!着やすい!
ものはよいです
戻る