裏の話を知った上で読んでください
現在、
厚生労働省は医療費削減と称して、
強引ともいえるジェネリック医薬品への誘導政策をとっている。

これにより約8000億円の医療費削減ができると主張している。


一方でまた、
強引に医薬分業制度の推進を行っている。


医薬分業というと聞こえは良いのだが、
患者さんにしてみれば、
二度手間、
薬局への調剤料等の支払いによる負担増加などメリットはほとんどないのが現状である。


また、
この制度が始まってから調剤ミスは明らかに増えている。


そして、
この医薬分業=院外処方の制度によって医療費は年間3〜4兆円も増大してしまった。


先に述べたジェネリック医薬品導入の大義名分は医療費削減であったはずなのに、
巨額の医療費増大をもたらす院外処方制度を平行して推進する厚生労働省の狙いは何なのか?

それは厚労省役人の利権の確保に他ならない。


現在、
大手の製薬メーカーは官僚の天下りに積極的でなくなっている。


厚労省の役人は新たな天下り先の確保に躍起なのである。

彼らに国益などという概念は無い。


もうすでに調剤薬局業界、
ジェネリック業界への大量の厚労省役人の天下りが始まっている。


これが、
この二つの矛盾する政策を強引に誘導する本当の理由である。

ジェネリックも医薬分業も新たな天下り先への利益誘導に他ならない。


この本はこういった裏事情を踏まえて読めば、
それなりの収穫は得られるでしょう。
図解入門業界研究 最新医薬品業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)

その他の感想

役に立たない、
大人の自己満足にならないように注意したいです。
本のとおり、男ですけどちゃんと作りました。
卒業記念に
電動歯ブラシデビューには最適
おしゃれな時計
多少の加工は必要です
大ボリュームRPGが進化して帰ってきた!
屋外での救急に対応できる必携書
皺がちゃんと取れます。
建築史を勉強したくて購入しました。
大容量です。
あらゆる組織の経営にも活用できそうな良書!
バトルを楽しむなら
写真を撮る、ものを見る姿勢
まるくなってきたかな。。。?
快適になりました。
便利でわかりやすい
ちょっとシーズンだから行く程度のこのタイプの水着を初めて買うのならいいのかも短期使用用に限る
今後のスパロボの展開に影を落とした作品
水野克比古さんの映し出す桜の素晴らしさ
組み立てはヒモを引くだけ、すばやく簡単です。コツも強い力も不要でした。
明治初期の日本人の庶民生活
分かり易さを追求した対策本
さすが老舗のP&G
「本質」を突き詰めれば、おのずとシンプルに・・・
顕微鏡、、、ちょっとがっかり。
パピリオディケアパーフェクト
いよいよビッグマム!
細部に間違いは散見されるが、あくまで批判的に読めばよいのだと思う。
戻る