とても良い本です
世界各地のサーフスポットが紹介されている本です。


地域としてはヨーロッパ(フランスやスペインやポルトガル)、
アフリカ(南アフリカやモロッコ)、
インドネシア諸島(マダガスカルやレユニオンやモルディブ)、
東アジア(日本やインドネシアやフィリピン)、
オーストラリア(西海岸やシドニーやゴールドコースト)、
太平洋諸島(ニュージーランドやハワイやフィジー)、
北アメリカ(カリフォルニアやフロリダなど)、
中央アメリカとカリブ海(メキシコやコスタリカやプエルトリコ)、
南アメリカ(ペルーやチリやブラジル)などが載っています。


約10年前に出版された本ですが、
個人的にはそんなに古さは感じられませんでした。

私はVol.1〜3とインドネシア編の合計4冊持っていますが、
このVol.1はメジャーなポイントが多めな印象を受けます。


ちなみにこの本では、
日本から千葉と四国(高知)が紹介されています。

筆者は外国の方なので、
他国の視点から見た日本のポイントという視点はとても新鮮で、
個人的には興味深かったです。

Vol.2には宮崎、
沖縄が、
Vol.3には種子島、
福岡が紹介されています。


写真が多めで、
眺めているだけで良い気分になりますし、
写真から行きたいサーフポイントを探すというやり方もアリかと思います。

私は行ってみたいサーフポイントにふせんをしながら読みました。


主に下のような情報について載っています。

アクセス方法、
交通事情、
年間平均気温、
年間降水量、
宿泊と食事、
気候、
自然と文化、
注意事項、
ポイントごとの解説、
各月ごとの波のサイズ、
波がある確率、
フェイスが整う確率、
水温、
ウェットスーツの種類など

また、
読むのがめんどくさくても、
エリア評価という項目で良い点、
悪い点が短い文で書かれています。

ですので割とどうでも良いサーフポイントについて、
時間を短縮してざっと情報を見ることができ、
その点も良かったです。


また、
全て英語での表記になりますので、
まずVol.2の日本語版を読んでおくと、
とても読みやすくなります。
The World Stormrider Guide

その他の感想

もっと早く手に入れておけば良かった。
Gijieらしさ
海苔ふりかけに
肩紐が改良されたのか以前のレビューの方と違う印象です
安くて良い商品だと思います。
トラックボールに難あり。でも必要十分
バイク用に使っています
オーストラリアの地元メディアが山根さんに何を質問したか。
便利なようです
選曲が・・・
妖怪たちを引き寄せる少年
k.yairiの純正のコーティング弦です。
単焦点レンズ特集がイイ
せすじがのびる企画
気弱な人に限らず、わりと万人向けの内容
思ったよりもいい品物
驚きの汚れ落ち!テレビで紹介されていたのと全く同じ!
この価格だから、良い。
シンクロナイズドスイミングの練習も出来る。
天才 アントニオ猪木が最も光輝いた1976年。気がつけば、私は感嘆の連続で、途中からページをめくるのも、もどかしいくらいにこの本に没入してしまっていた
あくまでも入門書
気持ちいいです。
これなかなか良い感じです|( ̄3 ̄)|
MEIKO
アクションカメラに
広角レンズが水中でのメリット!
I think
中身違いました
イイですよ
滑らかな書き心地、持ちやすさも上々
戻る