カレンダー付き、kiss-My-Ft2の特集があります。
今回はAneCanモデルのオシャレなカレンダーがついています(ぷにモデルは入っていません)。

厚紙のフレームがついているのでスタンドができます♪
両面印刷になっています。


kiss-My-Ft2の特集が12ページあります(P251〜262)。

基本カチッとしたスーツをちょっと着崩したコーデ(ネクタイが蝶ネクタイだったり、
シャツがギンガムだったり、
間にパーカーが入っていたり)と、

他カジュアルコーデ(パンツがデニム)の2つあります。

スーツをちょっと着崩したコーデのカットが10ページと多めで、
扉ページが全員集合で、

3、
4人のカットが入り、
一人一人1ページずつ割かれていています。

メンバーの個性によってかっこいい系、
ちょっとかわいい系(プレッピー系)と分かれています。

残りの2ページはカジュアルコーデで2、
3人のカット、
全員集合で終わりです。

こちらの方は親近感があります。

いつも思うのですが、
AneCanのジャニーズ連載は、
結構よく撮れてることが多いです。
今回もいい出来です♪

他のイケメンでしたら、
妻夫木聡さんも載っています(P286〜289)。


さて、
ここからはファッション誌としての内容です。


今月号は「どうせ狙うならモテよりウケの時代です」(P62)と書かれているように全方位ウケ(彼、
上司、
後輩、
SNS、
女友達、
彼ママ)がテーマです。

他に「男性がしてほしいコーデ」で男性の意見として「ビジネスシーンでは、
女性には華やかさと同じくらい信頼感のある服装をしてもらいたい」(P107)と書かれていました。

一番わかりやすいのは、
P68に載ってるような「ビジュ付きカーデと膝丈ふんわりスカート」だと思いました。

残念だったのは全方位ウケの1ヶ月コーデが、
無難な黒とグレーが多用され、
ちょっと地味で暗いかな、
と感じました。


AneCanで読者がウケた服のランキングがあり、
2014年(1月〜10月分)の各月のベストコーデ3が出ています(P64,65)。

1位、
3位までのコーデが一番多かったモデルさんは、
蛯原友里さんでした。
AneCan (アネキャン) 2015年 01月号 [雑誌]

その他の感想

よく落ちますが、少し扱いにくいです
右であれ左であれ、見つめるべき「沖縄」
マグネットでくっつくのは本体側だけ。折り返した時には裏側にはマグネットでくっつかない。
気に入った→改良を求める
オープニングは落涙、ダイジェストは他球場ほぼなしが物足りないか
写真と現物の差がやばい
コンパクトで携帯性◎
ACアダプタで使用できないのには・・・
この本の取り扱いには若干注意が必要
一つ一つの手順が丁寧な本
騙されたと思って買ったら、、、
日本語は英語に近づくか?
確かに、残念なところはあるけれど。
高額な価値あり。
価格にしては十分過ぎる出来き
脱カフェインのため購入
注意!2011年4月8日にて、コンテンツの定期追加配信は終了しました。(訂正2014.1.20)
店舗特典限定のイラストなども収録
寝癖対策に良し
「ヴェルビエの不安」を払拭する快演。
笑ってしまう程
悲しい…>_<…
動作音がうるさい
対応メーカーを全て明記して欲しい
現段階では最高の出来
“青春”を失った時代のこころの有り様
ちょっとダランとした着こなしになる
事務机に最適
哀しみの果てに
日本の平和を本気で考えるなら是非読んでおきたい
戻る