ネタばれありまくりなので、未見の作品は読むべからず
本書は、
新進気鋭の時代劇研究家の著者が、
時代劇を扱った映画・ドラマから、
ベスト100+αを選んで紹介した一冊。


ベスト100は、
「これだけは押さえておきたい40本」「隠れた名作40本」「個人的な趣味で選んだ20本」に分かれているが、
時代劇好きからすると、
このカテゴリの敷居は低いだろうし、
未見の作品も決して多くはないと思われる。
これは、
著者のセレクションが、
王道・覇道・邪道を上手く組み合わせつつも、
マニアックやへそ曲がりに陥っていない証拠で高評価。
一般的な映画ベスト100にありがちな、
君達はこれ観てないだろうけどね的なえらそうな感がないのが、
著者が厳しい批評を続けても反感の少ない由縁の一つと得心した。


一方で、
タイトルでも書いたが、
本書あるいは著者を縁にこれから過去の名作時代劇を読もうと、
本書を買った人の問題。

1作2頁の紹介文で、
著者は、
各作品のあらすじ、
そしてラストや山場を惜しげもなく書いている。

「それ(見せ場)を言っちゃぁ(観るのは)お終いよ」と思ってしまうので、
未見の作品は本書の紹介文を読まずに、
著者の目利きを信じて、
ひたすら観るべし観るべしだろう。


まぁ、
個々の作品あるいは著者の見識にコメントするような野暮はしないでおきたいところだ。
時代劇ベスト100 (光文社新書)

その他の感想

早い 安い 性能抜群 言うことなし 
盛り上がること間違いなし
ただの置物じゃないテレビ
ゲーム用と割り切れば○
動作ギミックに少々くせがあるけど
物語がつまらない。わかりにくい。解説ページだけで十分
本当にキレイが手にいれられるかも…。
見事MD読取りが復活
コンパクトにまとまった良本!
英語での電話の入門書
ちょっと短いかしら
Dynabook R732での使用
コレはなかなかイイです。
サボテン用ではなく・・・
インク残量がわかる
手になじむ形と大きさ
カッコいいトミカのファルコン
美味しいしオシャレ
使える表現が沢山!
初代ファンなら買い☆★
ONとOFFの切り替え頻度が低い場所向き。
手間なし簡単
どこからでも読めて、実際にやってみると役に立った
あわなかったです。
縮みなく、クリアでふき取りがない
子どもも、おとなも楽しくジャンプ!
改善済み
日本を脱出し、オランダに財産を逃がした人の野望は続く
可愛すぎる!
dvd付の方が良かった
戻る