日本料理の魅力と舞台裏を知りたくて…
日本料理店を経営されている村田吉弘さん(1951年生まれ)[菊乃井三代目]の修行時代と父親との「思い出」、
「食と文化と経営」について述べられています。


・お客様が店を選ぶ理由は料理だけに限らない
・原価+付加価値=ドリンクの値段
・料理人にもパソコンと英語、
経営分析の力
・いい店からはある種の「気」が出ている
・百年続く店にするにはテナントではだめ

「料理は国の文化を形成する」と説かれ、
「料理人として、
ずっと続けてきたことは、本を読むこと」と答えられている。

「儲かる」とは、
信者、
信じる者の評価の高さと集客力の多さです。

父親からのアドバイスの尊さ、
伝統的な文化と料理、
市場性を考えられた料理経営学に関心を寄せて読みました。
儲かる料理経営学 ケチなお店にお客は来ない

その他の感想

手で曲げられ、サビない、ハンダ付け可能
一曲のために購入
暖かさが足りない。
洗濯してしまい、追加購入しました。
祝・再発&初BD化! という事で特典について解説します
基本高いが。
作りはしっかりしており、そこそこのコストパフォーマンス
第3版もやっぱり使えない。
相変わらず面白い。
小さいホルダーながら力持ち
USB3.0をPCの前後で使えるのがイイ
ハイレベルの公務員試験でもこれでオッケー。
最初の第一歩を手助けしてくれます
バグかな?
とても着やすそうな素敵なお品です♪
なかなか収納力あります。
よいとは思います。
14年モデルへの取り付け
子どもたちに平和な未来を
そうそう! 英語はできても雑談って難しいですよね~
まあまですね。
USB3.0 PCI 増設ボードのコネクタに取り付ける場合は要注意です
TS-613とFinePix F31fdを組み合わせデジスコでケラレなく撮影が可能
入門書なのに武術の極意を基本に持ってきた奥義書!
哀しくも美しい真紅のドレス
トレッキング快適
不器用な筆塗り派にお薦めです(●^o^●)
作家。加藤シゲアキの小説
日中間に存在したもう一つの戦後
甦る80年代オタク文化の空気。
戻る