ケンジ座流星群を仰ぎ見る
まず目をひくのは、
クラフト・エヴィング商会の装丁。

あの有名なシルエット――山高帽をかぶり、
マントを着て、
うつむき加減に歩くケンジさんの姿が、
どんな言葉よりも雄弁に、
この本を手にとるよう促している。


文中で著者は、
宮澤賢治(この本の主人公だ)を「ケンジさん」とよぶ。

理由はこうだ。

「生活よりも才能の方が大きかった人の場合、
伝記を重視すると才能が生活のサイズまで縮んでしまう」。

だから、
伝記的なことにはあえて触れず、
自由にケンジさんの詩を読んでいこう、
「ケンジ座の流星群を仰ぎ見」よう、
というのがこの本のテーマ。


大地に根ざした暮らしにあこがれ、
その想像力のつばさでらくらくと星座のあいだを飛びまわり、
ひとかけらの石の中に永遠を見るケンジさん。

そんなケンジさんの世界を、
池澤氏はまるで優秀な山のガイドのように、
先に立ってつぎつぎ案内してくれる。

必要な知識はそのつど語りきかせながら、
道なき道を切りひらいて進んでゆく池澤氏の背中には、
ケンジさんへの深い愛情が満ちている。


これまでわたしは、
ケンジさんの詩がもつゆたかなリズムに魅了されながら、
自然科学や地理の素養がないために、
詩のことばの多くを理解できずにいた。

けれど池澤氏の案内を得て、
ようやくその大きな森の入り口をかいま見ることができた気がしている。


最後に。

この本には、
詩についての文章だけでなく、
宮澤賢治の童話にかんする講演も収められている。

こちらは少しケンジさんの言葉をはなれて、
池澤夏樹というひとりの作家のなかで、
宮澤賢治の種がどのように発芽し、
成長し、
花を咲かせ実をつけたかという一連の流れを知ることができて興味ぶかい。

池澤文学の透明度の高さ、
その鍵のひとつは、
どうもケンジさんが握っているらしい。
言葉の流星群 (角川文庫)

その他の感想

これだけでは不十分
やくざの兄が溺愛する妹も自ら転落の人生を選ぶ「狂った」作品
新品のままで放置
この世界で守るべきものとは
忘れがちな必須アイテム。
これはよい、ほぼ当たり商品です!
手元に残る写真の良さを再認識
やはり、素晴らしい
フェデラーはやっぱりかっこいい
ぎょっとして考えさせられ、しめしめと嬉しくなったりもした。
出力アダプタ
原発推進の罠:原子力規制委員会の規制基準適合は安全保証ではない!
これは超初心者向け
わかりやす
あまり効果が見られない
安くても作りはしっかり 使いやすい
しみじみ納得。腸内ガスが健康長寿のキモ・・・!
「経済ニュース」ではなく「経済学」の超入門書 2色刷りに進化
やっぱり純正品です!
強度が心配。後はまあまあ良い。
ひどすぎます
売れているようですが・・
色落ちが酷い
水槽用に購入
パラパラとした食感
う”-ん・・・
使いやすさは最高
最後の勝負、結果のとき
アシッドブラックチェリー写真集
これ以上は望めないですよ
戻る