人生について知るべきことは、すべて「カラマーゾフの兄弟」の中にある、だけど・・・
著者の京都大学文学部での14回にわたる講義をまとめたものである。
総論、
作品解説(海外作品10作と著者の「静かな大地」)、
総括からなる。
小説の起源を神話にたどり、
ゴシップも重要な要素とする。
小説は旅のようだとも語っている。

 19世紀に一応の完成を見た小説が現在新しい展開を迫られている、
世界がだんだん崩れて破片化しているという。
著者の問題意識はカート・ヴォネガットの著した「スローターハウス5」の中の「人生について知るべきことは、
すべてフョードル・ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」の中にある、
・・・だけどもう、
それだじゃ足りないんだ」という台詞が代弁しているとのこと。

 そのほか著者の商売上の秘密が公開されているのを読むのも楽しい。
例えば著者の「夏の朝の成層圏」ではロビンソン・クルーソーをフレームとして使ったこと。
島を舞台とする小説ではまず地図を書くこと。
小説を志す人は自分の作品をけなす批評家としての自分に打ち勝たなくてはならないこと、
などなどいろいろある。

 巻末に付録としてガルシア・マルケス「百年の孤独」読み解き支援キットとして、
家系図・人物の出入りのリスト・エピソードの目録がある。
作家が作品を作るプロセスを「合成」のプロセスとすると、
逆の「分解」のプロセスを実行したと考えられ、
これからも著者のノウハウが窺える。

 
世界文学を読みほどく (新潮選書)

その他の感想

予備で購入
魔導物語をプレイしながら
黄色くなります
見た目以上に、
良く考えて
サムライ、ふと人生を振り返る
長年使っているので使い勝手がいいです
両面テープ改良の余地あり
レゴシティトレインの追加レール、価格に注意
感動です
手頃なサイズと価格で満足・不満無し
待ちに待った絵本版
とても可愛いい感じです。
スタンドとしてのモノは良い
156センチ
USプレス 1991年製 Rykodisc ‎RCD10142 良品が届きました 
心がぴょんぴょんします
シリアス路線へ行きつつも
便利に使わせてもらってます
アニメバージョンがもっと見たかった
ホームセンターに買いに行くよりも安い
かゆいところに手が届きます
リアル靴屋で買う必要ないか
修理依頼の前に必ず試すべし!
値段は確かに安い
特典が本体
せっかくなので強化品に
久々の懐かしい味
安心、綺麗です
大将皆一騎駆け。
戻る