ウエインの最高傑作「アマゾン河」がついに本邦初公開! 騙されたと思ってみんな買うべし!!!
 今回のBNLA999シリーズはいろいろと興味深いレコードが国内初CD化されているが、
本作もその一枚。

 ウエインのファンは日本にも多いと思うが、
本作のような最重要傑作がこれまで国内でCD化されていなかったというのはまさにレコード会社の怠慢とシカ言いようが無い! いつまでも「ナイト・ドリーマー」じゃないんだってバ!!

 輸入盤のレビューでも書いたが,マイルス・スクールの元同僚が多数参加しているが,チックにしろ,デイヴ・ホランドやロン、
それにジョン・マクラフリンにしろ、
「おなじみの楽器」ではない楽器を担当させれているところがミソである。
また、
時期的にエレクトリックを想像している方もいらっしゃるだろうが、
ほとんどアコースティック。
だから、
個人的には、
「ビッチェズ・ブルーからウエザー・リポートへの過渡期的作品」という評価には同調できない。

 「ネイティブ・ダンサー」のように、
他との関連性は無く、
唯一無二の個性を持って屹立している音楽である。


 さて、
本作のリリースで、
いくつかの基本情報がヴァージョン・アップされている。

 まず、
録音時期。
昔は、
オデッセイ・オブ・イズカ(これも999シリーズで再発を!)と同日録音とされているが、
今回、
70/4/3と改められた。
マイルスでいえば、
「フィルモア」でのライブや、
ジャック・ジョンソンのメイン・セッションのほんの数日前という事になり,たいへん興味深い。

 ちなみに、
ウエインは3月でマイルスのバンドを脱退している筈で,3月のフィルモアでのライブには参加しているが,レコード化された4月のライブは,スティーブ・グロスマンに替わっている(ジャック・ジョンソンのメイン・セッションもグロスマン)

 それから、
「謎のパーカッション・プレイヤー」ミシェリン・プレル(ペルツァー)だが、
ベルギー出身のサックス・プレイヤーでジャック・ペルツァーという人の娘で,録音時にはまだ19歳だったという。
モト・グロッソ・フェイオ

その他の感想

大変ためになりました
サイズごとは便利
意地でも
★ 残念ながら日本にレイシストは存在します。。。 ★
三種の歩数計測
目のつけ所がシャープです
外観はいいんですが内容がイマイチです
コンビニで売っている物に近い
気に入って使っています。
スーパープチプラなのに、高機能です!
前のコントローラーが壊れたので購入
水漏れが気になる人はこのバルブ
フィクション?
何度もリピ買いのお気に入りです。
柏原さんはそれほど
この本を買って本当に良かったです(^。^)y-.。o○
AVIREX ファンだが…
秀逸な「モノ」語りに脱帽
応用が利きそうです♪
乳首見えました。
Daughter’s bike
パラパラ
X30に貼りました
予想以上に大きめ
ジョイパレット スカイツリー1000分の1
素敵な時間体験。スピーカーで聴きましょう。
ロッキングプライヤーの感想
素晴らしいドライブレコーダー
落としても傷つく事はないでしょう。
内容が濃い。久しぶりの良書
戻る