日本の事情をよく知る経済学者の標準的な見方を冷静に知るための好著
日本でもとても有名な学者にクルーグマンがいるが、
「machineryの日々」という労働関係に造詣の深いブログで、
クルーグマンが、
アメリカについてはリベラル派の観点から注意深い議論を展開する一方、
日本については、
あまり事情も知らず、
経済学の理論を単純に振り回すことが、
これまでの著作を丹念に読み込んだ上で、
明瞭に指摘されている。
クルーグマンが消費増税に批判的なのも、
日本のことをそれほど真摯に考えていないことのあらわれとみるべきであろう。


本著は、
標準的な経済学の手法が、
日本のおかれたさまざまな状況を踏まえた上で展開されており、
日本の経済学者の多くがとっている標準的な見方がわかる。


経済学は、
まだまだぼんやりとした学問である。
その限界を知りつつ、
あたりまえの分析を行う。
その結論は、
あまり居心地の良いものでないことは、
日本の現状からして当然ではないか?

この本への評価は、
事実に真摯に直面できるかどうかのリトマス試験紙となるものだ。
財政危機の深層―増税・年金・赤字国債を問う (NHK出版新書 449)

その他の感想

噂どおり
バケツパフェ用にGOOD
エンジンのために
自分のバイク教本代わりにかいました。
すごいね!!
原作とは別と割り切るべし!!
力丸
よく落ちて異臭がない
近所のはんこ屋さんで一回り大きいサイズのスタンプを作ったことがあります。
ギターアンプのノイズ対策に
通勤用に重宝
イメージ通りでした。
沖縄の閉塞した言論空間に風穴を開けるための闘いが始まった
良い点・気になる点
お気に入りです☆
ビット固定部分の作りがチャチ
特に特徴ない。
2TBでこの価格!
安かった!
まさにプロとしてのトキヤの曲
懐かしい”タミヤ”との出会い
綺麗に貼れる
同社の光分配器同様、使えています。
発泡スチロール的なものかと・・・
販売価格とデザインで納得。
100枚のパリパリ
教育の原点です
マストアイテム!
ネットで検索してもわからないのでご参考までに
着脱が難しいような・・・
戻る