小説よりみんなの仲の良さが増えてます
小説とCDドラマ両方持って比較してみましたが、
内容は小説そのままではありません。

街で偶然出会った桃井と黄瀬と黒子による帝光祭の回想という導入部から始まり、
現在に戻ってこれからの意気込みを語るといった構成なので、
オリジナル部分では黄瀬と黒子の出番が増えている感じです。


小説は桃井視点だったので、
キセキの世代同士の関わりはそんなになかったのですが、
小説版ではいなかったシーンに他メンバーが追加されて仲の良さが強調されています。

・ 青峰と桃井のやり取りに緑間追加
・ 桃井と黒子のやり取りに黄瀬追加 ※
・ 桃井と黄瀬と紫原のやり取りに黒子追加
・ 赤司の無双を見る桃井に黄瀬追加
・ 桃井黒子青峰黄瀬のラストシーンに紫原と赤司と緑間追加 ※
※のシーンでは特にオリジナル要素が増えてます。


カットされていたのは、
第二ゲーム(青峰のクイズ珍回答等)、
第四ゲーム(お化け屋敷のくだり)で、
第三ゲームの借り物競争がメインです。

オリジナルでは細部をみればいろいろと細かく追加されていますが、
黒子と黄瀬で執事と青年将校のやり取り、
赤司のボードゲームでの無双、
屋上で全員で食事をし写真を取るシーンが大きく追加されたところかと。


小説版では出番がほぼない赤司ですが、
ドラマCDでは賞金ハンター(笑)として存在感を放っていて、
原作14巻再現シーンやラストシーンで彼の嫌いなものが判明するなど要所で美味しいところを持っているかと。

紫原の聴きどころは、
やはり小説にもあったあのセリフ。
他は黒子とのやり取りが増えているかと。

ジャケットに桃井がいなかったのでどうなっているのかと思いましたが、
桃井の出番もちゃんと増えてるし折笠さんの演技が可愛く、
よりテツくんLOVE度(笑)が増えている感じです。


屋上のシーンでは皆での会話がかなり増えていて、
アニメ本編ではまだ喋ったことがない者同士が仲良く話しているのが感慨深いです。


小説版を読んで気に入ってる人や帝光時代のみんなが仲良くしているシーンを聞きたいという方には楽しめる内容になっているかと思います。
0
TVアニメ 黒子のバスケ DRAMA THEATER 2nd GAMES それがボクたちのバスケです

その他の感想

洗浄剤を購入して
「銀の枝」と「ともしびをかかげて」の間に位置する物語
西川産業のファン
温度調節が微妙
分かり易い
脱原発の最良の理論武装の書:日本を属国化している日米原子力協定の破棄を!
overwhelming
俳優がリアルそして演技力もさすが!きっと今年の代表作になると。
ちょっとおかしいと思う。
やっと出会えましたっ!!
足が楽〜
リピしています
溶接が甘い
期待したほどは
この値段で送料無料
素晴らしい臨場感
内容も仕様も素晴らしい!
2014年度版との比較から
当然のようだが、一枚ずつ出てくるのが良い
PCのバックアップに必要最小限の機能
読者限定サイトでプラグラムのダウンロードが可能です
美しい絵画掲載の基本技法で、眺めるだけでも楽しい本です。
持ち易くなります
配送が早い
こんなに良いものがあったのですか・・・(≧∇≦)
フォトグラファーは手に入れるべきです!
中学生の娘に
やっぱミズノは良い!
かなり小さめです
フランス現代思想の基礎固めには最適の一冊
戻る