感動の技術!しかし、ドキドキ感は…
チェキのinstax mini7Sを使い続けて6年。
その間500枚以上は撮影した、
自称チェキのヘビーユーザーです。
普段、
チェキで撮影すると、
ここでは失敗できない、
というところ(本気の飲み会とか)で、
暗く写ってしまったり、
集合写真を店員さんに頼んだらうまくいかなかったりと、
たまーにですが、
ガッカリさせられることもありました。
そんな私に、
この商品。
この悩みが、
解消されるんです。
こんな夢のようなアイテムが発売されるとは。
アジア周辺のチェキブーム再来に感謝です。


さて、
発売されて間も無く、
ネットに使用レビューがあがってなかったので、
撮ってみての、
感想を。
購入を検討される方は、
参考にしてください。


いつものチェキフィルムがそのまま使える(すごい技術だ!)
データの送受信は早く、
プリントにストレスがない
本体は小さくて軽い!ちょっとメタリックパール
元の写真の再現性はかなり高めだが、
若干赤っぽいプリント
チェキの時のような、
ファインダーで覗いてななめ右上に少しずらして…なんていうめんどくささがない
スマホで吟味してからプリントアウトできるので、
失敗がなく、
フィルムの無駄がなくなる
同じ写真を何枚もプリント可能なので、
何人かとシェアができる
専用アプリで、
新しく撮りおろした写真でも、
フォルダから写真を選択してのプリントも可能
専用アプリで拡大縮小もできる

▲リアルタイムフォトなどアプリのフレームデザインがイマイチ(今後かっこ良くなることに期待)きっと、
使わない
▲ピントが甘め、
輪郭線とかはボヤッと
▲失敗がないため、
チェキの醍醐味であるドキドキ感、
臨場感はほとんどない(笑)これが実は一番重要だったりします

そして…1万7千円の価値があるかどうかは…なんとも言えないところです。
1万円くらいだったら、
文句ないんですけど。
価格を考え、
★×4です。


最後に。

チェキの最大の良さ「うまく撮れてるかな、
ドキドキワクワク」を味わいたいのならば、
こっちじゃなく、
普通のチェキをお勧めします。
FUJIFILM スマートフォン用プリンター “スマホdeチェキ" instax SHARE SP-1

その他の感想

広い土地には不向きかな
専門書で核心部分を曖昧にしている
Manfrottoでこのお値段はお得です
じわじわ御利益が来てます
ここにアドラー心理学入門書の最終形が完成したといっても過言ではない
C920とC920tの違いはない模様
キューポッシュの整理箱
あの時計
三歳の孫娘が喜んで使っています
孫は大喜び
学校に行く意味が書いてあります。
もっと評価されるべき。
う~ん。物足りない…
動く設計ではない
ユーミンとの蜜月を語った挙句、ユーミンを静かに葬っている、コワイ本
バッテリーを替えたらスイスイ走る!
確かに不満な点はある
まさに主題歌!
プロの話は聞いておくべきですね。
やすく購入できましたが・・・
少し物足りない感じがします
水漏れが改善しました。
簡単に着けられます
まったく光りません
クソゲーの皮を被った良ゲー
肌触りはいいです
グラニュー糖は◎、薄力粉は・・・
楽しめました。…けど。
待ちに待ったThe Ghostの巻
間違いない(^.^)
戻る