中国ビジネスを志す人、必見です!!
昔「株の神様」今は「中国ビジネスの先駆者」として知られる邱永漢氏(85歳)の頭の中を、

筆者の玉村氏が実際に現地まで同行取材したり、
対談した内容で紹介しています。


Q師(邱永漢氏)は今中国で“食糧生産”に熱をあげている。

なぜなら『近い将来、
中国は必ず食糧不足に陥るからだ』と。

13億もの人口が豊かになりだせば、
日本のように輸入しなければならなくなる。

日本の食料自給率40%を当てはめるなら、

(台湾も韓国も50%程度らしい。
調べてないが)
どこで7億人以上の中国人をまかなえる食糧を生産して輸入に応じてくれるのか?
そんな国はどこにもないだろう。

であるからして中国国内で食糧は何とかするように、

政府も民間も血眼になって解決を図るようになると予測する。


具体的には“牛肉”を取り上げている。

(他にもコーヒーやお茶、
トマト、
メロン、
ソバにも話は及ぶ)
日本の霜降り牛肉は中国富裕層でも人気があり、

狂牛病で日本からの輸入を禁止されたにも関わらず、

北海道まで出向いてマグロのお腹に牛肉を仕込み密輸しようとした中国人を述べている。

それに中国大連には黒毛和牛を大規模に飼育している工場を、

現地視察の目から詳細に報告している。


日本人の我々は「農業は儲からない」という固定観念がある。

もし儲かるのなら農業地域の過疎化や後継者に悩むことはない。

この問いにQ師は答える。

「需要が増え続けているのに、
供給が間に合わない業種は何かを考える」
「不足するモノを補うことが、
ビジネスの成功の秘訣なのだ」と。

農業が脚光を浴びる日がくるかもしれませんね。


補足情報として「牛の脂を食べると血糖値もコレステロール値も下がる」らしい。

ほんとかいな???
もしそれが本当ならばインシュリン注射もいらないし、

健康食品を生産する会社も黙って見ているわけがないよ。

いや待て、
牛自体は血糖値やコレステロール値が低いか調べてみてほしい。

ひょっとすると…
邱永漢の「予見力」 (集英社新書 514A)

その他の感想

とぅるとぅる
古い自転車の変速機
まったく作動しない不良品が届いた
買い換えて良かった!
自分に合ったドライバーでした(-^〇^-)
なかなか使えます!
地球上のどこかで
2回塗りは不要かも!
お腹引込みます
ちゃんとみてご購入を
何度も使ったことがあるので不満はありません。
CP高い商品です。
商品が届いてあけたらすぐ切れた
バニラ風味
今のDTPに即していない
コンサルタント志望の方・若手〜中堅コンサルタントの方必見の書
ちょっと残念?
ガルパンをよりディープに知る事ができる一冊
比較的読みやすい
我流の見直しに最適
二瓶淳子
脳機能からも考えられるより良き人生を思考する一冊です
アルゼンチン産&カナダ産はちみつ
宇宙ヤバイ!
この本を読んで
木と大地と、再生の物語
純正との差がわかりません。
1DX2用は、これしか買えなかった
落とさない
手軽にステッカーが作れる
戻る