弥生時代以前の日本文化の深層
 本書は森浩一氏の「長年にわたって蓄積した知識が凝縮したもの」というだけあって、
相当に読み応えのある、
濃い一冊である。

 「普段は忘れかけているこの国の深層文化を抉りだし、
現在の文明の混迷から抜けだす手がかり」にしたいという思いから出発している。
今につながる日本の歴史というのは、
稲作伝来にる弥生時代の開始以降、
ひたすらにエネルギー生産を増大させてきた「文明化」の歴史である。
その文明化が息詰まるとき、
これを相対化するのは一つの知恵であろう。

 粟、
田、
野、
猪、
鹿などのテーマが取り上げられ、
膨大な文献史料・考古学資料と深い思索から導かれ、
展開する議論は重厚だが説得力と知的興奮に満ちている。
おぼろげながらも、
我々の先祖の生活の息吹が蘇ってくるようだ。

 派手さはないが、
質実剛健な、
良質の日本文化論である。

 
日本の深層文化 (ちくま新書)

その他の感想

絶対、お勧め出来ません!
爽やかなベランダになりました。
ウォーキングに丁度いい大きさ
ムックさん目当てで購入
生命保険のブラックボックス
SONY USBアダプターケーブル VMC-UAM1 の代わりとして
ゴミ箱へ直行しました。。
やっぱりミズノ
娘も満足
これは宝物になる
明治国家の裏側
ファンデがわりにブラシで使っています。
気象の基礎力にバランスのとれた良書
可愛い
Item shipped fast and perfect conditions
素晴らしいグッズ
ほんとうに逆立ち
楽しく家族で読ませていただきました。
まずは短編集からでも・・・
もう何年も前から
道具は使い方次第です!
抱き合わせ 間違ってました
おい
わが家の定番!
なんでーーーー!!!!
一応の進化は見られますが・・・
低音が効いて音はいい感じです!
結構大穴アンプかも
絵を描く資料として
この5W-30、とてもよいです
戻る