手間はかかるが簡単。うまく調整すれば充分メインで使える。
このキットの超オススメポイントは「ネックとボディのジョイント面が平面で出来ている」ところです。
簡単にネックが正確に付くので助かります。
その点でAmazonで売られている一番簡単なウクレレキットと言って良いです。


カーフィングは実際のカーブより浅く曲がっています。
ボディの変形を招きそうだったので、
刃に厚みのある金属用ノコで8ミリおきくらいに浅い切れ込みを入れてみました。
ホールから覗いた時にも雰囲気があって良いです。


ネックは機械で粗加工されているのでオルファのスクレーパーや180番の紙やすり(付属)で大胆に整形することをオススメします。
パッケージや取説の写真を参考にしましょう。


指板のポジションマークが付属していません(恐らく仕様です)。
そこを逆手にとって、
ポジションマーク穴に細いネジを打って、
ネック成形時や指板接着時にずれが生じないようにしました。
あとで木の丸棒(3ミリ)をさしてノミでついてポジションマークにしました。


ナットとサドルは木製です。
かなり弦高が高くなるように作られていますので、
12フレット上で2ミリくらいの弦高になる様に削り込みました。
とても弾きやすく、
かなりの音量が得られます。
音色は遜色なく、
家族からも好評です。
むしろ嫌みがなく、
いつまでも聞いていられます。
この心地よいサウンドはオールウッドの魅力と考えるべきです。


ブリッジ接着時に工夫することがあります。
サドルのラインが計算上のスケールライン(ナット〜12フレットの距離の2倍)より3ミリ長くなるようにブリッジを接着しました。
 これで1弦の12フレット上でのオクターブチューニングがおおよそ合いました。
 ずらさないで作るとかなりシャープするはずです。


塗装はオイルステインで茶色く染めてから油性ニスをはけ塗りしました。
 油性ニス自体に色が付いているものもありますが木目に色が入り込んだ風合いにするにはこれが良いです。
水性ニスは手汗で溶けるのか、
もともとそういう材質なのか、
弾く時に少しベタ付くので油性の方が良いです。
 スプレー塗装のように鏡面仕上げにはなりませんがハンドメイド感が出て愛着が湧きます。
 何より乾燥が早いです。
ゼンオン ウクレレキット ZU-600K

その他の感想

背もたれが・・・
初歩から
紫外線カットの機能は効果あり
大量の廃棄物と共に…
sonyがんばれ
全方位対応ではありませんよ
カタルーニャ.サムラゴーチ。
とてもかわいいし、しっかりした厚みがあります
妖怪メダルなまはげ
まだ実戦で使ってませんが・・・
75円でこの性能なら満足
バイク塗装に使用
おもちゃ箱におひとつ、どうぞ。
爪切り付属のヤスリはもう卒業
よく練られた入門書、お薦めします
独自視点満載の書籍。
安くて丈夫で使いやすい♪
先回注文し受領した商品評価について
期待通りのマゼンタ。
信頼できる互換バッテリー
10段階のうち任意の明るさを設定可能、取付は多くの場合は簡単
小さめ?
この寒天しか使わない、いや使えない……
果てしなく苦痛
「カンバン」 方式のように 
付箋くらいつけたい
Kindle版では、サンプルプログラムがインデントされていません。
これが、商業化された「ひぐらし」に残されたかけら。
楽しいけど。。
これは明るい!
戻る