ユーモアにくるまれた凄み。
作家志望の大金持ちのお坊ちゃんが、
お金に物を言わせて自分の名前で本を出版し、
作家は、
無頼でなくっちゃいけねぇ、
といった按配で、
嫁を泣かせ、
吉原に通い、
お上に楯突き手鎖となって、
まだ懲りず、
遂には心中を企てる、
といった平和な生活を敢えて打ち壊してゆく、
作家というものの業を描いたものと言えます。

ひ弱で才能も持ち合わせていない優男が、
周りに馬鹿にされても、
飽きられても、
大真面目で次々と事をでっち上げてゆく、
その不思議さ。
その馬鹿な男が、
本物の戯作家を刺激し、
行動にスイッチを入れます。

どうしても、
戯作家の中に著者を重ね合わせてしまいます。

もう一作は、
浦島太郎のパロディのようです。
江戸の大店のあととりと太鼓もちが、
江戸湾で嵐にあい、
沖合いで廻船に拾われ、
東北地方に運ばれ、
そこから江戸に戻ってくる噺です。
勿論簡単には戻れません。

江戸の町人文化をベースにしたユーモラスな作品ですが、
作者の目は決して笑ってないように感じられました。

凄みのあるユーモアが、
直木賞受賞作品です。
手鎖心中 (文春文庫)

その他の感想

アクションカメラに
何て言われようと、シンプルで解りやすい、いいじゃないですか、ファンキー加藤君…
迷わず推薦できる本
値段の方は間違いなくあります
しりごみせずにどうぞ
ヒアリングにぴったり
酸味と歯応えが美味しい!
我が家の鉄板です!
大学の授業用に
嶺上開花
「素晴らしい」 この一言に尽きます
トイガン用だけど、あえて実銃に
意外と厚みがある
このサイズ!
情報が古い・・・
コストパフォーマンス良好
期限付きの命
わかる人にはわかるエンディングが絶妙のゴシックミステリー
フラワーレメディ愛飲しています☆
タンクバッドは初めて購入しました。
ハピネットとの質疑応答。
やはりこれは必要
体系的な解説書でありながら問題点オープンにしている
私は救われました
明日のための心理学
理想通りの着丈と色
おやつパンの本
半年で暗くなりました。
使えないこともないけど
安物タンクバッグから乗り換え
戻る