人生の残り3分の1は真面目だった?.
本書はこのページの「商品の説明」にあるように、
「『人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた』のフレーズで始まる週刊文春の連載コラムがついに書籍化」したものである。
残り3分の1はどうしたか?と言えば、
寝ていたことになる。
つまり著者からすると、
起きている時間は『人生エ ロ エ ロ』と言うことになる。
まさしく青春時代からの悲しい“男の性”、
『エ ロ エ ロ』な分野に一家言を持つ“みうらじゅん”氏渾身のエバーグリーンな郷愁のある?エッセイである。
同前「商品の説明」に「思わず吹き出す エ ロ エ ロ エッセイ80連発」とあるように、
『週刊文春』2012年6月〜14年1月までの連載分を収録したもので凡そ1年半以上のボリュームになる。
各トピック毎に著者自身に依るイラスト(一部共演者?は写真)が展開されている。
このイラストもなかなか味があって笑わせてくれる。


各トピックをここで紹介するのも適当ではないが、
個人的に爆笑したトピックを“ネ タ バ レ”にならない程度で幾つか紹介したい。
最初は「遠い記憶の“福男”」。
兵庫県西宮神社の「福男選び」と京都市中心部育ちの著者の体育の授業での、
観光遊歩道で有名な「哲学の道」を走らされた記憶を綴りながら、
話は著者自身?が「参道」から一斉に「泳ぎ出し」て見事「福男」になったというオチである。
これは爆笑と言うよりも構成(オチ)が“上手い”トピックの1つである。
次が「松本清張な時代の 不 倫」である。
内容が事実(著者の実体験)かどうかは措定しうるところではないが(多少脚色があるように思う)、
これも「仲 居」の提供した“洋菓子”に掛けたオチが面白いが、
著者が懸念した「最悪の想像」は大凡そ察しがつく。
本書のコンセプトや“殿 方”特有のエバーグリーンな事情も散見されるところ、
どちらかと言えば読者は男性向けであろう。
人生エロエロ

その他の感想

NHKのテレビでは、溶融した燃料棒がトロトロと流れ落ちるCGが繰り返し流れている。
renママ
shirley
サイズは通常のままでOKです。
主人のために。。。
全体的に満足しています。
壱さん立場無し
ボタン2つ押しで暴漢対策になるか?!
吹部の娘に
芦部先生が泣いている。
随筆集だが、塩野流の辛みもあり、私生活も断片的に語られていて興味深かった。
歯磨き粉では代用できません。
ちょっとチンプイっぽいけど(笑)
問題なく届きました
定期便でいつのまにか強制変更された
夏には通気性がイマイチ?
やや丸め
メガネレンチで脱着!
虚無主義に抗え
縲怎Lスマイの「SNOW DOMEの約束」縲鰀
実はこれ
普段使いで最高のティッシューはエリエール
ファッション多
磨いたあとはスッキリ
ドライブにも便利
付属のDVDは入魂のでき
食べても食べてもまだなくならない
九年間愛用しています
ま~笑える。
まさに「実務家養成講座」!
戻る