企業の展示会セミナーから趣味のサークルまで活用できる
著者が実際に企画し「人気があった企画のチラシ」「人が集まらなかったチラシ」が
をサンプルとしてたくさん載っているのでわかりやすい。
一度成功しても、
同じことを
翌年やったら全く人が集まらなかった、
などの失敗例もあり非常にためになる。


著者が企画している企画はすべて行政の場所で行うセミナーではあるのだけれども
この「ノウハウ」は、
仕事でセミナー(という名の商品PR)を行うときにも非常に
有用だと思った。
また、
いずれプライベートで趣味のサークルやママサークルなどを
やりたいなと思っていたのだけれど、
それにもすごく使えそう。
育児中の母親なら
この曜日この時間。
男性ならここ。
シニアならここ。
など、
セミナーを開催する日程に
ついても載っているのだが、
なるほどと思うことばかり。


行政の行うセミナーのため 失敗しても赤字になったりしてもそれほど気にしないで
すむ(といったら失礼だが、
ちらしを置くにも告知するにも全く費用がかからず 大体が
参加者を無料で集めているセミナーが多いので)を企画されているので、
一見
「民間では使えない」と思い立ちだが、
見方を変えると「タダでも集まらないダメ企画」と
いうものもたくさん経験しているということだ。
民間ならここまでダメだったらノウハウの
構築をする前に赤字になり事業撤退になってしまう。
そういった面でも、
公の団体での
講座を担当しているからこその事例量でありためになる1冊だ。


著者の所属している部署が、
男女参画の企画のため「ジェンダー」「女男(ひと)」的な
ちらしもあり、
「これはなかなか集まらないだろう」と思われるものが多いのに 実際は
集めてしまう事実。
これは企業のセミナー(結局は自社商品の宣伝)を企画するときにも
ためになる。
メインで伝えたいことを表にださなくても企画は作れるのだ。


この本の内容は言い換えれば「人を呼ぶちらしの作り方」。
講座・イベント自体の
内容や時間配分等には触れられていなかったので、
次にはそういった中身の話も是非
読みたいと思った。
人が集まる !行列ができる !講座、イベントの作り方 (講談社+α新書)

その他の感想

コットン100%って以外とお店では売ってない。
お店の掲載数
事例が古すぎる、考察が無さすぎる、説明が表面的で稚拙すぎる、つまらなすぎる
うーん、ダメですね。
画像より色合いが微妙ですが問題なし
小釣りでは安心
どんな誕生日ケーキになるかな?
嬉しすぎる
堅牢かつ快適
吹雪でも大丈夫だった
7歳の子供へ
稲盛さんは、
その人らしい人生のしめくくり方
効果あり。でも歯磨きも必要。
かなりイイ感じ!
最初からセットにしても良いのでは?
ご存じエッセンシャル細胞生物学の原著
日本人向けのサイズでいい感じ
置く場所に注意
写真通りが届きました
アレ? 全4巻で2巻で3回戦???
ハン・ソロでも使えます
もっと早く知っていれば良かった
やめられません
ミニピアノ専用楽譜に期待したが・・・。
ロードにぴったり
「=LOVE」(イコールラブ) のデビューシングル
2TBx2、1TBx1で問題なく動作しました
やっぱり 楽しませてくれます^^
ちょっとした旅行に便利
戻る