何らかのヒントは得られる
著者は直接書いてはいませんが、
私の結論を先に。


すべての企業は、
必ず生き残るチャンスがある

「選択と集中」。
いまや、
日本におけるほとんどの企業で毎日のようにかわされている言葉ではないでしょうか。
本気度は別としても・・。


本書では、
まずはそれを「ハイリスクハイリターンの戦略」として警鐘を鳴らします。
そもそもが一定程度業務範囲を選択せざるを得ない、
多くの中小企業(本書内でいう「フォロワー」ないし「普通の企業」)にとって、
これ以上「選択と集中」のしようがないという点、
考えてみれば至極もっともです。


では、
普通の企業に未来はないのか。


著者はまず、
「戦わずして勝つ」つまり競争回避ができれば一番と掲げます。
まさしくその通りでしょう。
その競争回避の方法を、
4つの戦略として説明しています。


競争を避けられない場合(多くはそうなるでしょう)を4つのパターンに分類し、
それぞれを1~3つの戦略で計8つの戦略に細分化して提案しています。


競争回避と合わせると、
合計12の戦略を提示する形です。


もちろん、
あまねくすべての企業に当てはまるようなものはありません。
ただ、
12ものパターンがあれば、
いくつかは実現可能と思えるもの、
何かヒントを感じることができるものが必ずあるのではないでしょうか。


本書の一番の特徴は、
すべてにおいて具体的な事例が挙げられていることです。
机上の空論ではなく、
実際の成功例に裏打ちされたものですから、
説得力があります。


初めて聞く話ばかりではありません。
自動車業界の業務提携やOEMの話など、
特段車好きでなくとも経済情報としてよく知っている場合も多いと思います。
しかし、
それを単に「OEMの成功例」としてあげるだけでなく、
「戦わずして勝つ」戦略の一つととらえてみると、
新しいヒントが浮かびあがってきます。


文章も大変読みやすく、
示唆に富んだ良著だと思います。
タイトルからもみえるとおり「中小企業の経営者」をターゲットに書かれた本だと思いますが、
すべてのビジネスパーソンが何らかの気付きを得られるのではないでしょうか。
リーダーやニッチャーでなくても勝ち残る 「フォロワー」のための競争戦略

その他の感想

最低でした
三冊通して覚えればかなりの力に
お気に入りの一つです★
これからの時期にあわせて
これは、ベストコスパだ
流石バルキーン
あのJBLが、安いしびっくりしました。期待どおりの製品でした
中学・高校生へ:やさしい英語で泣く不思議
おいしいの一言!
ノートPCのストレスを軽減するなら良い選択肢です
美しくて、早いWi-Fi
ホンダピアンタといっしょに使ってます。
日経225のトレーダーですが、投資の幅を広げる意味で買いました
24ジャックバウアーモデルの青ver
サインボール
毒入り面白本
けっこうペナペナです。
暖かい。ポケットが欲しい。
恐ろしいくらい角質取れます
65サイズを110見積りで購入
取説がない!
172㎝ 70㎏ XL購入
こんなに使えない辞書は初めてです。
小型のPCカバンとして
AM放送のみでいい方にオススメ!
ちゃんとレーダー機能欲しい人も、お遊びで欲しい人も
快適に運動が始められる
良書ですし、個人的には非常に参考になりました。が…。
迅速な対応でBBQ間に合いました
若大将の50年、名曲の多さに感動!
戻る