「コア人材」あってこそ、堅固な「組織デザイン」ができる
・将棋のように、
最後尾中央の「王将」を囲む「金将」「銀将」「桂馬」「香車」、
その前列の「飛車」「角」、
最前列の「歩」に至るまで、
組織を構成する人材は多種多様であり、
多芸多才です。


・これらの人材が有効に機能して、
生産性が高い組織をデザインする原則を、
鍵となる要素として、
「分業」「調整」をキーワードに使って本書は説明しています。


・ところで、
著者はコア人材の長期雇用を説いています。
ここ数年来のリストラ志向で多くの「コア人材の喪失」がありましたが、
日本経済全体の知的財産から判断すると、
戦争後のような「大きな損失」であったと思います。


・戦争はしなくても「知的財産の喪失」はどんどん進んでいます。
早期に著者が説く「組織デザイン」で堅固な組織を再構成する必要があるのではないでしょうか。


・本書は他にもいろいろ多くの組織デザインにおける示唆をくれます。


・是非とも読んでおいて損がない一冊です。
組織デザイン (日経文庫)

その他の感想

ファスナーがこわれました
等身大の姿と言葉
90式戦車は車体と砲塔にわけても無理がある
着替えチプシチ。
キッチンミトン?
IHクッキングヒーター良好!
本書の最後に注意!
効果はあまり実感できず
移行が楽!
ルネサンスに触れ、ルネサンスを知る
電源スイッチが無い
薄手を探してました
袖が長い。
旅行の情報収集
ホッと一安心!
『中』の位置にすると均等に焼けない
必要十分なアクセサリ
頭囲が小さいお子様用
金色が美しく映える・・・家紋シールを作ってみた。
金ぴか
思いやりと真心の「思い出探偵」
付録のみの感想です。
替え網があると便利です!
1巻と比べてかなり濃い内容です。
楽になりました。
これを待ってました
手軽で確実
半信半疑で購入した結果
いい曲ですよ~♪
きれいに抜けます
戻る