18年ぶりに交換
もろく壊れやすいイメージのマントルですが丁寧に使えば不思議と長持ちするものです
でも少しずつ縮んで小さくなってきたので交換することにしました
どうやら古いのは Gold Top マントルだったようで交換するとややオレンジ色に感じます
強度も劣るという噂ですがぶつけたり触ったりしない限り大丈夫でしょう
LEDも普及してるし、
白い光を求めるのは卒業しました

長持ちの交換のコツは

1、
バーナーチューブを点検し、
サビや汚れをワイヤーブラシかペーパーで掃除してツルツルにする(程々でOK)
2、
バーナーチューブ先端のミゾにマントルの紐を2重に巻いてしっかりと縛る(緩々は×)
3、
紐の周りのシワが均等になるように丁寧に整え、
余分な紐は切る
4、
マッチかライターで簡単に空焼きする(少々黒色でもOK、
ガスバーナーを使ったりしちゃダメ!)
5、
ランタンを一気に点火して灰化させる(丸く膨らませるため)

※交換直後は特に弱くもろいので燃焼中のショックは禁物
※よく破れるという方はバーナーチューブの先端ではなく間違って筒に縛ってる事が多いです(運搬の振動ですぐ破れる)
※車載時など運搬時は必ず縦置きにする(横からの振動には特に弱い)
※当たりハズレがあり、
どんなに丁寧にしても短命な場合があります
※フルパワーでの使用はマントルや本体の劣化を早めますのでパワー控え気味がおすすめ
※1シーズン守り抜いたら光も白っぽく変わり壊れにくくなるようです
※マントル(燃焼色)がオレンジ色で暗い場合は酸素不足かもしれません(使い込んだジェネレーターはノズルが広がって燃料が出過ぎるようです)
※マントル交換は「かえる」というより「つくる」というイメージで!

追記
経験ですが、
マントルを交換するとマントルがコールマンロゴマークの後ろ側に曲がる傾向がありますので
ケロシンランタンなどジェネレーターをできるだけ加熱したい場合はロゴマークの反対側にジェネレーターがくるように
取り付けるといいですよ!
「ロゴマークの向き」けっこう重要です!!
Coleman(コールマン) マントル(21A型) 21A102J

その他の感想

大変良いマットだと思いました
西村も出したゾ。
もうひと声
役者さんの演技が光ってる作品
本物の貝殻から型を取ったようなリアルな型です。
サイズが若干大きめ
ひとつひとつ、音を確かめるように弾くエヴァンス
前に使っていたスリムケーブル(丈夫なのが売り物のものでした)があっさり断線したのでこれに取り換えました。
すごくすごくよかった
パター用かな
黒いので耳垢が見やすいです
モカの特徴は酸味があるので抵抗ありましたが…
マンガ家 宮崎駿
雇用規制の緩和の利点を確認する本
タブレット
心が痛くなりました。
伝説のブルースマン
この程度
類書は多いが・・・
意外と良い、
著者の足跡
農業分野のTPP肯定論と反対論の分析:TPPは農業の処方箋?TPPと日本の農業改革問題は元来別個である
付属のスプーンが思いのほか、よかった!
もっとページ数が有っても思うのだが
mon
TV電波の感度良好
一瞬焦った……
大変喜ばれた
若い人にこそ聴いて欲しい傑作アルバム
工夫して使えば楽しいですよ
戻る