通信販売

ピジョン 食べるnoおうえん はじめてのフィーディングスプーン

196 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトルピジョン 食べるnoおうえん はじめてのフィーディングスプーン
発売日2012-02-15
販売元ピジョン
JANコード4902508180634
カテゴリカテゴリー別 » 授乳・食事 » ベビー食器 » ベビースプーン・ベビーフォーク

ピジョン 食べるnoおうえん はじめてのフィーディングスプーン とは

はじめてのひとくちに
はじめてのひとくちに

離乳開始から幼児期までの「食べる」をサポート!5・6ヶ月から

ペースト用と果汁・スープ用スプーン
ペースト用と果汁・スープ用スプーン

ペースト用は位置決めストッパーで奥まで入れすぎない構造。丸くて柔らかい素材です。果汁スープ用スプーンは赤ちゃんのおくちの大きさに合わせた形状でこぼしにくい構造。丸くて柔らかい素材です。


購入者の感想

18.02.08
喉の奥に入りすぎない設計になっているのですが、慣れて来ると入れすぎることはないのですぐに使わなくなってしまいました。リッチェルの方がスプーンのフチがシリコンになっていてかき集めやすく、長く使えます。

17.11.02
離乳食を始めて数日はスプーンや食べ物を口に入れるのに慣れるためピンクの方が活躍しました。1週間も経てば慣れるようです。一口が小さすぎるのとゆるいペーストだと上手くスプーンに乗らないので最近は緑の方を使い始めました。深いのでぽってりした物だと唇で上手く飲めないようですが、歯茎で噛んでも柔らかいので嫌がらなくてとても良いです。

14.08.08
【5か月離乳食開始時での使用感】
・本当に最初のときは、深いグリーンのほうのスプーンでミルクを飲ませて、スプーンに
慣れる練習をしました。ほんの少しだけスプーンにミルクがたまる感じなので、いやいや
したり、むせたりすることもなく自然に飲んでくれました。材質もゴムべらのようなソフ
トな感じなのもよかったのかもしれません。
・細いピンクのほうのスプーンでおかゆをあげました。食べ物が乗る面はほとんど平らで、
少しずつしか食べられない最初のうちはちょうどいい感じです。ただ、スプーン自体に結
構厚みがあるので、子供が口を開けてくれないと、唇に引っかかって、口の周りに食べ物
をつけるだけの役目に終わることもしばしばでした。

【6か月離乳食が進んでよく食べるようになった時の使用感】
・一回の離乳食の量が多くなり、ピンクのスプーンでは一度にすくえる量が少ないので、
時間がかかりすぎました。ただ、ヘラのような感覚で使えるので、離乳食を混ぜたり、つ
ぶしたり、さらえたりするのには重宝しました。
・グリーンのスプーンでは、量がたくさんすくえるのはよいのですが、スプーンの先の形
状が平らなので、唇にちょんちょんとスプーンをつけて促すときに、子供がちょっとでも
動いたりすると、口の周りが食べ物だらけになってしまいました。やはり、スプーン自体
に結構厚みがあるので、口を大きく開けてくれないとこぼしたり、口の周りが食べ物だら
けになります。

【結論】
まさに、「はじめての」とうたってあるとおりです。
・離乳食スタート時にはストレスなく使えました。
・ピンクのスプーンは、一回り大きいものがピジョンから出ているので、状況に応じて変
えるのもいいかもしれません。
・一口でたくさん食べたい時期になると、コンビから出ている液体用のスプーンが、薄く
て先が少しとがっているので、使いやすかったです。

レビュー数 3 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.