通信販売

YAMAHA VOCALOID Editor for Cubase NEO(VECNJP) 【国内正規品】

54 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトルYAMAHA VOCALOID Editor for Cubase NEO(VECNJP) 【国内正規品】
発売日2013-07-30
販売元ヤマハ(YAMAHA)
JANコード4513744053691
カテゴリ » PCソフト » ジャンル別 » 音楽制作

購入者の感想

14.08.02
Cubase内でボーカロイドをソフト音源同様に扱えるので、
リバーヴやコンプなどのVSTプラグインエフェクトも他の音源同様通常の打ち込み時にリアルタイムで駆使(設定調整)でき、
必要に迫られるか特定の意図がないかぎりボーカロイド・パートをオーディオにしてインポートする必要もなくMIDIエディット状態のままリアルタイムで作業できるので、
尺や展開の変更にも楽に対応でき、非常に操作性に優れていると感じています。
クリックでの発音機能があればより良いと思いますが、
発音の微妙なニュアンスは歌詞打ち込み後にオケと合わせて実際に再生させながらエディットして行く方法で作業しているので、
私感では特に不便は感じません。もちろん機能としては付加されるとより良いとは思いますので、今後のバージョンに期待です。
(ただ、その際も、その機能がON/OFFできると良いなと、個人的には思います。)
私はMac OS X 10.8.5、Cubase7.0.6、2.93GHzQuad-Core_8GBメモリのMacProで使用しておりますが、動作も安定しています。
動作感も軽快ですが、あと少しより軽快だと良いなと思う瞬間もあります(この辺はマシンパワーでも変わるところではあると思います)。
総じて、ボーカロイドをソフト音源同様に扱えるという、Cubaseとの操作上の一体感、楽曲を作る上での柔軟性が魅力だと感じています。
追記:
Cubaseの他のトラック(例えばピアノやリード系の音色のトラック)でボーカルのメロディのトラックを弾いて作り、
それをそのままボーカロイドのトラックにコピペして、ボーカロイド・エディターのトラックに変換できるのも良いと感じています。
リアルタイム入力(手弾き+クオンタイズ等)のデータをボーカロイド・トラックの作成に使用できるので、
スッテプ入力はその後の歌詞入力とエディット用途に特化集中でき、とても素早くストレスフリーだと感じています。

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.