通信販売

結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書)

29 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書)
発売日2016-06-16
製作者筒井 淳也
販売元光文社
JANコード9784334039271
カテゴリジャンル別 » 社会・政治 » 社会学 » 社会学概論

購入者の感想

18.08.31
ワークライフバランス(WLB)と言えば、労働者の働き方に変容を促す重要な指標であり、
一聞するとその考え方にはメリットこそあれ、デメリットが潜むようなことはなさそうである。

本書は、結婚や家族を取り巻く情勢と経済との関係を様々な角度から検証しながら、
かなり学術的に今後の家族像を提示した内容になっている。

特にWLBが、実は格差社会の成立に一役買っているのではないかという考察は、傾聴に値するように思われる。

これから子供が結婚する親世代の人間は、来るべき日本の結婚事情を知っておくことはちょっと役に立つかもしれない。

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.