通信販売

アンロック! 日本語版

27 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトルアンロック! 日本語版
発売日2017-06-29
販売元ホビージャパン
JANコード3558380044833
カテゴリおもちゃ » カテゴリー別 » ゲーム » カードゲーム・トランプ

購入者の感想

18.08.31
うーん。評価が難しい
とても丁寧につくられている。

「ワトソン&ホームズ」や「ブラックストーリーズ」のような「ネタだけ用意したから、みなさん、後は勝手に遊んでねー」的なゲームではない。
カードに描かれた絵を注意深く観察する必要があるし、「おそらくここで詰まるだろう」場所にはヒントもキチンと用意されていて、非常に好感がもてる。

謎には難しいものもある。小中学生には少し難しいかも。
ああ、そうそう。チュートリアル、最後でひっかかちゃいました(笑)。

マイナス面は
1) シナリオが3つだけ。1度謎を解いたら再度プレイする気にはなれない。(接待ゲームとして使うのでもない限り)
1時間のシナリオを3つよりも、30分のシナリオを6つの方が良かったなあ…

2) 多人数プレイが楽しいのだが、自分と同じくらいの「知力」「忍耐力」の持ち主と遊ぶ必要あるかも?
・「頭の回転の早い人」と遊んだ場合、問題を把握する前に答えを言われてしまう。(時間制限があるので)
・「回転の遅い人」と遊んだ場合、全然謎解きの答えを出せない人も出てくる。先に自分がこれだと思う解答を思いついても、気を遣って、答えの出せない人たちが自力で正解にたどりつけるようにリードする必要も出てくる。それでも正解を出してもらえないとイライラする(時間制限があるので笑)。全然答えの出せないAさんのために気を遣ってアレコレほのめかしたのに、うざいBさんが代わりに答えを出してしまうと、もっとイライラする(笑)。
・「忍耐力のない人」と遊ぶと、すぐ「ヒント」「ヒント」。結局は「数値」と「数値」の組み合わせなので、謎そっちのけで数値のローラー作戦を始め出し、ゲームがぶち壊しになる。
・制限時間をオーバーすると、集中力も落ち、モチベーションもなくなるので、やっぱりローラー作戦になる(笑)。

コンポーネントはカードだけ。でもアプリの維持費も考慮すると、この価格は仕方ないかな?

うーん。評価が難しい
新しいことに挑戦した心意気と、丁寧なつくりを評価して☆5つ。

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.