通信販売

カルチャロミクス;文化をビッグデータで計測する

25 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトルカルチャロミクス;文化をビッグデータで計測する
発売日販売日未定
製作者エレツ エイデン
販売元草思社
JANコード9784794221872
カテゴリジャンル別 » 社会・政治 » 社会学 » 社会一般

購入者の感想

18.08.20
 「グーグル・ブックス」・プロジェクトによりデジタル化された膨大な書籍=歴史的記録(の一部)と、特定の単語やフレーズの出現頻度を書籍の刊行年別に瞬時に数え上げるNグラム・ビューワーと呼ばれるソフトを用いた時に何が分かるか。
 本書は、「歴史上の変化を定量的に示すことをめざして挑んだ(p.38)」研究者の7年間の取り組み(研究開発のプロセスと成果)を描く。そこで分析の対象となるのは、英語の不規則動詞、辞書に掲載される単語、名声、言論弾圧、集合的な記憶と忘却である。
 人文科学の新しい研究手法と成果を紹介する書なのだが、読み物としても抜群に面白い。
 それは、淘汰をくぐり抜けてきた不規則動詞を「テルモピュライの戦いで最後まで奮戦したスパルタの精兵三〇〇人(p.61)」に喩えたり、情報の大きさを「0と1を使って紙に書きとめ(p.24)」た時の長さで置き換えたりといった表現の巧みさや、チュパカブラという謎の動物の叙述について「目撃するのは、一億五〇〇〇万語に一回、冊数で言えば約一五〇〇冊に一回にすぎない。これは、並外れた読書家でも生涯に一回、目にするかどうかの数字である。もしかすると、これがチュパカブラとの最後の出遭いになるかもしれないから、この機会を心ゆくまで味わってほしい(p.81)」と書くような、とぼけたユーモアによるところも大きいが、何よりNグラム・ビューワーが描きだす単語等の歴史が興味深い。紹介されているウェブ上のページにアクセスして自分で適当な語彙を入れて試してみると、その面白さが分かるだろう。Nグラム・ビューワーの日本語版を誰か作ってくれないものか。
 不満は2つ。その1。グラフの線の濃淡が見づらい。その2。高安美佐子氏の文章は、少なくとも本文の「解説」にはなっていない。

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.