通信販売

緑の魔女 キッチン(食器用洗剤) 420ml

27 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル緑の魔女 キッチン(食器用洗剤) 420ml
発売日2012-11-13
販売元ミマスクリーンケア
JANコード4902875981018
カテゴリカテゴリー別 » 日用品 » 洗浄・クリーナー剤 » キッチンクリーナー剤

緑の魔女 キッチン(食器用洗剤) 420ml とは

バイオリメディエーションで環境をキレイに

バイオリメディエーションで環境をキレイに
バイオの力を活用し洗浄すると言う第一の目的を充分に果たした後、さらにその排水が環境を汚染することなく、逆に自然の洗浄力を高めて環境を浄化・回復させる役目も果たすという開発コンセプト(バイオリメディエーション)をベースに作られている。

配合成分

配合成分
植物系界面活性剤を配合。キッチン:フルーツ酸AHAを配合、手肌と同じ弱酸性。バス、トイレ:お風呂やトイレの材質を傷めず、ガンコな汚れもスッキリ。ランドリー:少量でよく落ちる。液体だから溶け残りがない。蛍光剤無配合。全自動洗濯機にも対応。オートキッチン:ダブル酵素配合で素早く汚れに浸透、分解。ごはんやタマゴのこびりつきも落とす。パイプクリーナー:水酸化ナトリウムや次亜塩素酸塩は無配合。特許成分とトリプル酵素配合で排水パイプの汚れを洗浄・消臭。全種類に共通な配合成分(グロースファクター)が排水パイプの中に棲む汚れを食べる微生物に栄養を与え、その生分解力を高め、排水パイプの汚れは次第に分解されキレイになり、いやな臭いも消える。浄化槽も浄化力が高まり、排水の流れる水域の環境浄化に貢献する。

ドイツの会社と技術提携

ドイツの会社と技術提携
緑の魔女は、使用後の排水で環境を浄化する「グリューネ・ヘクセ(緑の魔女)」を開発したドイツのバイオ技術企業との、技術提携によって日本で製造されている。

バイオ・ハイテク洗剤とは

バイオ・ハイテク洗剤とは
バイオの働きを活用する技術を取り入れた洗剤の事を意味しているが、製品の中に「微生物」が入っている訳ではない。緑の魔女は微生物の栄養素が配合されている洗剤である。

生分解とは

生分解とは
食物残渣や洗剤中の界面活性剤などの有機物が、水中の微生物の体内に取り込まれ、微生物の細胞構成成分の一部として資化されたり、またエネルギー源として活用され、そして最終的に水と炭酸ガスにまで分解される事をいう。緑の魔女は微生物による汚れの分解を促進する。


購入者の感想

18.07.09
賛否両論みたいなのでどうかなと思ったのですが、
油汚れも普通に落ちるし、排水口も確かにヌルヌルしなくなってきました。

油汚れが全然落ちない、ということなので、
肉野菜炒めをしたあとや、目玉焼きをしたあと、
いつもは油を大体ふき取ってから洗うフライパンを
そのまま洗ってみましたが普通に1回で落ちました。
ため水もせず、スポンジに直接洗剤をつけて洗いましたが、
ぬるつきが残ることもも別になかったです。

油汚れがぎっとぎとの場合は落ちないのかもしれないですが、
うちぐらいだとこれで十分みたいです。

排水口が使い始めてから3日目くらいでぬるつかなくなってきたのには驚きました。
あと、夏場になるとシンク周りに出ていた小虫がピタッといなくなりました。

良かったので、お得な詰め替え用を買いました。
ポンプタイプの方が私は使いやすいので、
詰め替え容器を買って使おうと思います。

難点といえば、匂いが少し苦手ですが、
まぁ、慣れると思います。

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.