通信販売

週刊ダイヤモンド 2015年 4/25 号 [雑誌]

14 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル週刊ダイヤモンド 2015年 4/25 号 [雑誌]
発売日2015-04-20
販売元ダイヤモンド社
JANコード4910202440459
カテゴリ »  » ジャンル別 » 投資・金融・会社経営

購入者の感想

18.07.03
特集:「あなたの情報いくら?」ネットワーク利用を通じて拡大する個人情報や各種利用/購買データなど個人データの扱い

1.生活の中での個人データ収集の実態。各種アプリやICカード、SNSやポイントカードの利用などで当人が意識しなくてもデータは収集され分析活用されている。その利用例のひとつがインターネットでサイト閲覧の際に表示される広告で、過去に自分が購入したものや検索したものと関連する広告が表示されたりする。膨大なデータを分析/加工して人々の生活態度や消費性向を掴み、セグメント化することで質の高い広告やマーケティングに利用する等。過去にはこのデータそのものに価値を見出した鉄道会社が、乗り降り履歴データを他社に販売しようとして待ったがかけられた。個人情報や個人データの扱いについては、その利活用と保護に資する時代に即した法律とするため改正個人情報保護法が審議されている。ポイントは個人情報の定義の明確化 / 匿名加工情報の扱い / オプトアウトの厳格化 / 利用目的の制限の緩和 などがあるが、情報の利用範囲の拡大と生じる義務との綱引きで議論はまとまっていない。なお現在、年金個人情報漏えいを受け審議は停滞している。

2.広告と個人データ売買の実態。インターネットでどこへ行っても同じような広告が表示され、まるで追い回されているかのような錯覚を覚えるデジタル広告の技術的な仕組みを簡単に解説。それを利用した広告代理店や運用会社やSNS会社を通じたビジネスモデル、デジタル広告収入がメインのIT大手。30年以上前から存在するという名簿業者、そのビジネスモデルと情報の販売単価、情報を編纂して付加価値を高める「名寄せ」など。高額で取引されるシニア富裕層の高齢者データ。

レビュー数 1 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.