通信販売

カセキホリダー ムゲンギア

64 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトルカセキホリダー ムゲンギア
発売日2014-02-27
販売元任天堂
機種Nintendo 3DS
JANコード4902370521726
カテゴリ機種別 » ニンテンドー3DS » ゲームソフト » ロールプレイング

購入者の感想

15.01.01
恐竜好きとしては、図鑑にのってる巨大なトカゲのような恐竜でなく、
「本当はこんな色で、こんな動きかもしれない」
という自由な恐竜の描き方をしているのがたまらないです。

一般的な図鑑にのっている恐竜は、化石から想像した体にトカゲふうの色をつけただけで、本当はどんな色だったかわかっていません。このゲームに出てくるカラフルな恐竜のほうが本物に似ているかもしれない。
「ずかん」モードで、化石のことを学べたりするのもいい。
火を噴いたり、さすがにありえないと思えるのはほとんどないのもいい。

ただ、ゲームのほうは面白いのに、説明が少なくてわかりにくいので損をしています。特にバトル画面見にくいなあ。どうしてこんなふうにしたんだろう。
発掘はドリルや土がはがれるリアルな音にこだわりを感じます。車の移動も、安いレースゲームぐらいのクオリティがあります。

ふつうに子供が遊ぶならポケモンか妖怪でしょうが、流行よりも地味な化石の発掘に興味を持つ、ちょっと変わった子ならよろこぶかも。
ちなみに、発売は任天堂だけど開発はこれまでドラクエなど多くの名作に関わってきたスパイク・チュンソフトです。

14.08.01
何点か前作と比較します。

■戦闘について
前作より複雑になった印象があります。
前作は属性と距離(近距離、遠距離、中距離のみ)がポイントで、比較的分かりやすく楽しめました。
しかし、今回は距離ではなく、体勢(体の向き)という概念に変更なってしまい、これを理解しないと有利に進めません。
また前作は、自分の3体のリバイバーでチーム戦でしたが、今回から仲間のリバイバーと自分のリバイバー1体で、チーム戦になってました。
好きな恐竜の組み合わせが、出来なくなってしまったので少し残念です。

■クリーニングについて
こちらも前回より、やり辛くなったかなと思います。
3DSなのでリアル感が増し、グラフィック自体は綺麗なのですが、そのせいで化石を削る作業はわかり辛くなった気がします。
前作では楽々と100PT出せてましたが、今回は宝石以外100PTを取るのは難しそうです。
しかし、前作よりも化石を壊してしまう恐れは低くなったように感じます。
またDSに向って息を吹きかけ、カスを吹き飛ばすという作業がなくなりました。

あとちょっと気になったのは、クリーニングの判定が甘くなったのか、汚れがまだ残っているのに終了になります・・・
(前作はちょっとでも残ってると終了しなかったんですが)

■恐竜グラフィックについて
個人的にこのソフトで一番推してるのは、やはり恐竜のグラフィックでしょうか。
前作は、似たり寄ったりなデザインがありましたが(特に翼竜あたり)、立体的になり質感が改善されたことで、恐竜の個性がきちんと表現されてると思います。
肉食恐竜がカッコいいです。

ここまで色々と書かせて頂きましたが、戦闘システムだけは前作と同じにして欲しかったなと思います。
前回が良作なだけあって、ちょっと残念でした。
しかし、恐竜を使ってバトルをするという面白さがあるので、私は好きです。

レビュー数 2 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.