通信販売

バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

76 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトルバリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
発売日2018-03-07
監督ダグ・リーマン
出演トム・クルーズ
販売元NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
JANコード4988102624583
カテゴリDVD » ジャンル別 » 外国映画 » アクション

購入者の感想

18.04.02
ダグ・リーマン監督とトム・クルーズのコンビといえば「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は、けっこう好きな作品。ただ残念ながら、本作は見る前の期待の大きさからすると、少し物足りない結果になりました。

どこが、心に刺さらなかったのかな…と思い返してみると「アメリカをはめた男」という副題の割には、トムが演じるバリー・シールは主体的に物事に向き合うことが少なく、なんとなく行き当たりばったりで流れに乗って行動してるだけの人物に見えてしまい、感情移入が出来なかったことが大きな原因のような気がします。

さまざまな悪い奴らの思惑によって、人生思わぬ方向に行っちゃった…ある意味、被害者としてみることもできますが、大半は自業自得な気もしますので、やっぱりスカッと突き抜けきれない中途半端感があります。

実話ベースなので仕方ない面もあるのでしょうが、同じく実話を元にしたマーティン・スコセッシ監督の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の方が、主人公の金遣いが派手な分よっぽど成金で、観てるコチラもテンションが上がります。反面、本作のバリーさんは金を貯めこむばかりで、たいして使っている描写がないので、その辺りが気持ちが高揚するのを寸止めしているのかもしれません。逆に、マーティン・スコセッシ監督が本作を監督したらどうなっていたか、想像するとワクワクできますね。

18.03.12
トムクルーズが演じる、実在の人物、バリー・シール。実話だというから、驚き!!破天荒な男の人生、ぶっ飛んでました

18.02.03
実話を元に作られた作品なので背景を知らないと楽しみにくいかもしれませんが、パブロエスコバルを主役にしたドラマを見ていた私にはドンピシャな映画でした!!

背景を知らない人にも分かりやすいストーリー展開になっており、場面事に流れる音楽のセンスとテンポよく進むストーリーにイライラは不要、最後まで楽しみながら鑑賞できる作品でした。

物足りなさを感じると言われてしまうのはストーリーを分かりやすく噛み砕いたからかもしれません。


話は天才的な操縦技術を誇り民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シール(トム・クルーズ)。

ある日CIAのエージェントがスカウトに現れ極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事になるのですが、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触することに。

ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎを始めます。

「家にお金を置くところがない!」「早くお金を片付けてよ!」というシーンがありますが、実際に置き場所に困り埋めていたと言われています。(そんな風に悩んで見たいものですねぇ…笑)

映画でもその様子が描かれておりバリーの荒稼ぎっぷりが伺えます。

※パブロ・エスコバルはコロンビアの麻薬王と呼ばれた男。パブロ・エスコバル率いる麻薬密売組織メデジンカルテルの資産は最大280億ドルだったと言われており、そのエスコバルと手を組んで密輸をしていたバリー・シールは置き場所に困るほど儲かっていたと考えられます。

そんな違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリーでしたが、そんな彼の背後にはとんでもない危険が迫ってきます。


ネタバレになるのでオチは書きませんが「麻薬王?」「バリー・シール?」「パブロ?」と言った方でも十分楽しめる作品です。

この手の映画やドラマ(ドキュメンタリー)を見ている方は私の様に凄く楽しめると思います。

女性向きか男性向きかで言うと男性向きかなと思います。

レビュー数 3 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.