通信販売

星野、目をつぶって。(8) (週刊少年マガジンコミックス)

72 人が閲覧しました
アマゾンで購入する

参照データ

タイトル星野、目をつぶって。(8) (週刊少年マガジンコミックス)
発売日2017-11-17
製作者永椎晃平
販売元講談社
JANコード登録されていません
カテゴリ » ジャンル別 » コミック・ラノベ・BL » コミック

購入者の感想

17.12.07
あくまでも素直で真っ直ぐな加納の想い。
永くそばで小早川を見てきた松方の想い。
もっとそばで秘密を共有する中で芽生えた自身の本当の気持ちに蓋をしてきた星野の想い。
三者の想いが小早川へ…本作の集大成言える修学旅行編が全編収録されています。
私のMVPは西村です(笑)

17.11.27
今まで(半ば巻き込まれる形ではあったが)他人のために奔走していた主人公が、自己のため、自分を見つめ直すために走り出した前巻

その流れを受けてか各登場人物も関係に変化をもたらすべく大きく動き出すのが今回のお話

まぁ、修学旅行って何もなく終わるハズがないよね

大きく動いたがゆえにネタバレにならないように話すのがとても難しい巻だが、個人的にはまなぴーもっと報われろ!

17.11.20
体育祭で小早川君は変わりました。クラスメートからも少しは認められるようになり、ずっと皆と仲良くしていきたいという思いを、見ず知らずの子どもに対しても示せるようになりました。でも特別な女性を好きになってお付き合いしたいとも思う。これは星野さんも同じ。この葛藤は、弓削先生が星野さんに言った「皆と仲良くしたいという願いを越える望みを見つけられた時に解決する」のです。
小早川くんは誰が好きなんだろう。読者にはわかっていても、本人にはまだわからないんだなあ。現実もそう。自分の心は自分でもわかりにくい。この漫画を読んでいると、ふと自分を振り返るんですよね。
第8巻はすべて京都への修学旅行という非日常空間のお話です。まずは松永さんが小早川くんとじっくり話します。次は第6巻で小早川くんに告白した加納さんと自由時間デートをすることで第7巻体育祭での約束を果たす小早川くん。カバー絵はそこでの舞妓体験で装ってもらった加納さんです。小早川くんが感動するほど美しい。でも右手はなんだろう? なぜ歯をくいしばってるんだろう? そして小早川くんはその顛末を星野さんに打ち明ける。3ヒロイン松永さん、加納さん、星野さんが小早川くんに突進して大きな山場を迎える今巻です。
小早川くんが入ったあぶれ者5人グループのメンバーとか、ちょっとだけしか出てこないキャラにも個性があり、共感させながら、メインキャラの心を高めていくのが今巻の特徴。あの西村くんの的外れのアドバイスも良い。
物語のスピードが速いです。確かに青春は待ってはくれませんからね。だれずに進むので、この調子なら大団円までそう遠くはないでしょう。名残惜しいですが、このスピードが良いです。
あと、おまけ漫画がバカバカしくて面白い。
カバー絵にもう一度、素顔の星野さんの笑顔を希望します。大好きなので。

レビュー数 3 です

あなたの感想

コメントを書いて下さい

関連商品

アマゾンで購入する

人気の商品リスト

review | jan | happymail | pcmax | BBchat |
2009 - copyright© みんなのコミュニティ all rights reserved.